最新更新日:2022年12月08日に更新しました!
「株予想会社、株式投資助言、投資顧問、株予想サイトの口コミや評判を徹底検証し評価します!」

検証済みの株サイト数:1748 現在頂いた口コミの数:35,664

『井村俊哉』の会社情報と評価

井村俊哉

不明

会社名:
口コミ件数: 44件 →口コミを見る←

最先端の銘柄選定ロボの性能をPICK UP!!



▼ 勝率7割超えのAIシステム ▼
最新AIが国内市場を分析!
わずか数日で値上がる見込みの銘柄を選定
ボタンを押すだけで知れる急騰期待株で、
「資産を取り戻せた」と投資家から評判


『井村俊哉』の検証結果

  1. 井村俊哉は100万円の資産を10億円に増やした投資家

  2. 井村俊哉は元芸人という異色のキャリアを持ち、100万円の資産を10億円に増やした投資家です。

    芸人だった時は年収3万円だった時もあるというから驚きです。月収ではなく年収ですからね…。

    そんな井村俊哉が「100万→1億→5億→10億」と資産を増やした投資手法とはどんなものなのか?

    井村俊哉の資産推移を元に、どうやって資産を構築していったのかを見ていきます。



  3. 井村俊哉の資産推移 億り人までの軌跡

  4. 井村俊哉の資産は10年間で100倍になっています。

    井村俊哉の資産推移
    引用元:お笑い芸人が、資産5億円を作った方法 -NewsPicks


    ■井村俊哉の資産推移と主な投資先
    2011年:元手100万円から280万円 オリンパスへの投資
    2012年:410万円 オリンパスで儲かった利益すべてをインフォマートに投資
    2013年:2,800万円 デイトレ
    2014年:3,566万円 インフォマート
    2015年:5,100万円 ガイアックス
    2016年:6,866万円 インフォテリア
    2017年:1億3,000万円 アライドアーキテクツ
    2018年:1億4,000万円 SBIホールディングス
    2019年:2億2,000万円
    2020年:5億円
    2021年:14億円


    井村俊哉は2011年に100万円を元手に投資を開始

    粉飾決算を起こして大暴落を起こしたオリンパス(7733)の底値を狙って購入。オリンパスは上場廃止になるかどうかの瀬戸際でしたが、なんとか東証1部に残ることが決定。

    その後、オリンパスの株価がストップ高になったことで井村俊哉の資産は倍近く増えることになりました。

    不祥事銘柄に手を出す怖さを最初の投資で知った井村俊哉は、それ以後「成長株」を中心に投資を行なうようになります。

    最初に資産を大きく増やすきっかけになったのはインフォマート(2492)

    2012年に投資を行ない、2年半で株価は10倍になりました。井村俊哉はインフォマートに投資した理由として「飲食店と卸売業者をウェブでつなぐ受発注システムのビジネスモデルと利益率の高さに惚れた」と述べています。

    井村俊哉は当時から「成長株」に投資するスタイルが形成されていますね。

    それ以後も井村俊哉は、2017年にアライドアーキテクツ(6081)、ペッパーフードサービス(3053)などの業績が良い銘柄へ投資を行なって資産を増やすことに成功。

    2021年11月現在、井村俊哉は約15億の資産を保有しています。



  5. 井村俊哉の投資手法は「グロース×バリュー」投資

  6. 井村俊哉を億り人に押し上げた投資手法は「グロース株投資とバリュー株投資の良いところ取り」を狙うやり方です。

    グロース株は売上や利益に引っ張られて会社が成長するような銘柄。一方、バリュー株は現在の株価が本来の価値よりも不当に安くなっている銘柄のことです。

    つまり、グロース株・バリュー株両方の良いころ取りとは、「今後成長する会社を安く買う」ということ。これができたら投資の理想形ですよね。安く買った銘柄が高騰してくれるんですから。

    井村俊哉いわく、伸びる会社を安く買うためには「成長性が割安性を上回っている銘柄」を探してみると良いとのこと。

    井村俊哉の資産推移
    引用元:【井村俊哉】グロース株とバリュー株 -Youtube

    売上成長率 > PER

    企業の成長性が表れる「売上成長率」と、企業の割安性を測る「PER」の二つを確認しておくことで、今後の伸びが期待できる割安な株が見つけられるそう。

    さっそくこの条件でスクリーニングをかけたところ、抽出されたのは315銘柄。だいぶ絞れましたね。他にも営利成長率やPBRなどを組み合わせれば、さらに銘柄を絞りこめそうです。


    井村俊哉はこの指標で銘柄を絞る以外に、2つのチェック項目を挙げています。

    ・売上成長率は収益性が高く、継続性のあるものか
    ・ビジネスモデルは今後も収益を見込めるものになっているか


    業績は一瞬だけ成長しても意味がありません。例えば1度だけ大ヒット商品を出して売り上げを伸ばした会社があったとしても、来年度に同じようにヒット商品が出せなければ業績の成長は止まります。

    企業のビジネスモデルを確認するのが重要ということでしょう。

    井村俊哉は、企業のビジネスモデルや市場からの注目度などの「数値に表せないデータ」を重要視しています。

    株式投資は人々の需要と供給によって株価が値動きします。仕手株なんかは、業績が伴わないのに株価が跳ね上がったりもしますからね。

    高騰期待の銘柄を選んでくれるAI「REGAINなんて、個人投資家の思惑が絡んで高騰した銘柄を次々に当てています。

    人々の思惑や動向を分析できれば、株式投資で成功を収めるのに近付けそうです。


    ■井村俊哉流 テンバガーの見つけ方

    井村俊哉が述べていたテンバガーになる特徴は3つ。

    ・利益伸び > 売り上げの伸び (それぞれ 20%くらい)
    ・時価総額が小さい (100億円以下)
    ・成長する前から配当を出している


    井村俊哉によると、これらの特徴を持つ銘柄はテンバガーになりやすい傾向があるとのこと。

    テンバガーを掴むのは全投資家の夢。

    当サイトでもテンバガーの見つけ方を、井村俊哉が述べる特徴以外のアプローチから銘柄を選んでみています。


    テンバガー銘柄を探す手法は様々あります。自ら一つひとつ銘柄を探して調べるのもありますし、2022年には「テンバガーを予測していたAI」も話題になっていました。

    井村俊哉は2012年に投資したインフォマート(2492)がテンバガーを達成したことで、資産を大きく増やすことに成功。

    元手を大きく増やして勝負に出るためには、テンバガーのような銘柄を当てるのも必要なのかもしれません。



  7. 【2021年11月】井村俊哉の保有銘柄

  8. 2021年10月21日、井村俊哉は「三井松島ホールディングス(1518)」の大量報保有告書を提出しています。

    井村俊哉のの大量保有報告書
    引用元:株探


    三井松島ホールディングスは石炭の販売・生産や、海外石炭の輸入販売などを行なう企業。井村俊哉は三井松島ホールディングスに、自身の資産3分の2にあたる9億円を投資。三井松島ホールディングスの株式5%超を保有する大株主になっています。

    世界では「脱炭素」「再生エネルギーの利用促進」が叫ばれる中、なぜ時代と逆行するような石炭株に投資したのか…?

    井村俊哉は石炭株に投資した理由を3点挙げています。

    ・再生エネルギーはまだ効率が悪い部分があり、石炭によるエネルギー生産はまだ世界で必要とされている
    ・C02排出を抑える石炭火力発電技術の開発が進んでいる
    ・脱炭素の論調は行き過ぎている


    井村俊哉の三井松島ホールディングスの株式大量保有発表後のチャートを見ると、一度大きく株価を上げたものの、現在は下落トレンドになっています。

    三井松島ホールディングス(1518)のチャート
    引用元:三井松島ホールディングス(1518)のチャート-株探

    もし、大量報告書の発表直後に銘柄を購入するのは危険でしたね…。

    井村俊哉が三井松島ホールディングスをいつ手放すかは不明。

    なお、井村俊哉は2020年にアライドアーキテクツ(6081)の大量保有(2%)も確認されていましたが、2021年に入ってからは大株主に名前が入っていません。



  9. 井村俊哉の経歴 元芸人がなぜ投資家に?

  10. 井村俊哉は元芸人から投資家になったという特殊な経歴を持っています。

    プロフィールと併せて、詳しく見ていきましょう。

    ■井村俊哉のプロフィール
    名前:井村俊哉
    生年月日:1984年9月10日(37歳)
    学歴:群馬大学工学部
    資格:中小企業診断士
    出身:茨城県水戸市

    井村俊哉は2008年にお笑い事務所プロダクション人力舎に所属。大学教授であるお父様からは研究職になって欲しいと言われていたそうですが、それを振り切ってまで芸人の道を志しています。その後、お笑いトリオ「ザ・フライ」としてデビュー。

    投資を始めたのは2011年。井村俊哉の投資歴は約10年間であることが分かります。

    いちばん最初の投資の元手になった100万円は「コツコツ節約生活」をして貯めたお金。芸人だった時の年収は3万円だった時もあったとのこと。クーポンを利用したり、スーパーを複数回って安い店舗で購入するなど徹底的に「コスパを意識」した生活を送った末に投資の元手を貯めたようですね。

    2017年、資産1億円を突破した時に芸人を引退。早いうちから芸人としての限界は感じていたそうです。これ以後、井村俊哉は本格的に投資1本で生活を始めるようになります。

    2019年に投資系コンテンツの制作を行なう会社「株式会社Zeppy」を設立。Youtubeチャンネル「Zeppy投資チャンネル」では、投資解説の分かりやすさや、明るい人柄で人気を博す。(※現在は更新停止)

    本人も自認していますが、アベノミクスで大きく資産を増やせたことが投資家としての転機になっています。それ以後も投資について研究を進めて利益を出せているようですね。



  11. 井村俊哉の最近の活動

  12. 井村俊哉は「元芸人の個人投資家」として、様々なメディアに出演しています。

    ■井村俊哉が出演しているメディア
    ・マネーのまなび(テレビ東京) 報道ステーション(テレビ朝日)など
    ・Youtuberとのコラボ
    ・Webメディア(週刊SPA!、週刊ダイヤモンドなど)
    ・証券会社のセミナー


    井村俊哉がメディア出演する際には、投資家として意見を求められることに回答をしたり、自身の投資体験談や、おすすめの資産運用について話すことが多いです。

    最近はテレビでブレイク中のお笑い芸人「岡野陽一」が借金をしている相手ということでも名が知れてきいます。井村俊哉が三鷹に住んでいることから「三鷹の大口」と呼ばれているとのこと。

    お金の無い同期の芸人にお金を貸してあげているのは優しさを感じますね。

    他にも「年収3万円のお笑い芸人でも1億円つくれたお金の増やし方5.0」という本を執筆。タイトルからは投資本のような印象を受けますが、実は「節約術に関する記述がメイン」ということでプチ炎上していました。

    評判も節約術やお金に対する考え方に関しては好評だったものの、投資術の方は具体的な手法が書いていなかったため満足していないユーザーが見られました。

最先端銘柄選定ロボ

<利益を出すならココ!!>
REGAIN(リゲイン)
勝率7割を誇る最新AI
わずか数日で値上がる期待高銘柄を選定
⇒REGAIN(リゲイン)の記事を確認


Alpha AI(アルファエーアイ)
上昇率1,000%OVERの銘柄を抽出
最先端AIが予想する次なる大化け銘柄は?
⇒Alpha AI(アルファエーアイ)の記事を確認



口コミ投稿フォーム

口コミ投稿フォーム

口コミ投稿内容
お名前


『井村俊哉』の口コミ

投稿者:名無し

ネクスト井村銘柄について議論されてますね。この買い場を井村さんが見逃すはずがないでしょうから、気にしてしまう気持ちもわかります。注目している人も多いと思いますよ。


投稿者:名無し

三井商船の時も見てて思ったんだけど、もし井村さんが次の銘柄で開示報告義務以上、買って投資するってパターンになると井村銘柄が定着して、イナゴ投資家が飛びつくようになるだろう。


投稿者:名無し

井村さん、夜間のPTSでの値上がり率上位銘柄について上昇理由を調べるとよいと言ってたように思います。どんなことが起こると株価が上がるのかのメカニズムを知ることが大切だという話で、なるほどと思った記憶。流石井村さんですね。


投稿者:名無し

個別株の銘柄探しはみなさんどのようにされてるんでしょうか?井村さんのように、全ての会社の決算書に目を通してαを探すって凄いと思いますが、莫大な労力ですよね。自分にはとてもとてもできません。


投稿者:名無し

船は個人が空売り増やしたところを見事なリバウンド…ですね。来期の減益減配は避けられないけど、割安は割安。なので井村さんが言うように上にも下にもαがないって感じですよ。。


投稿者:名無し

個人投資家として憧れちゃいますよ。一体どれだけ相場・銘柄の分析をしたらこうなれるんでしょうか。自信をもってこの銘柄だと思えるくらいになりたいですね。この相場でも総資産を増やせているのは強すぎます。


投稿者:名無し

井村さんの資産がこの雰囲気でも伸び続けているんだからすごいよね。。。井村銘柄がすごい。米国株じゃなくて日本株でって言うんだから、日本株も見極めればいけるんだろうなあ。


投稿者:名無し

井村銘柄の三井松島全力ロングした人ほとんどいなかったでしょ。情報なんてそんなもんよ。結局自己責任なんだよな。


投稿者:名無し

井村さんがちょこちょこ報告してる年初からのパフォーマンス、すごいとしか言いようがないんだよな。日本株でここまでパフォーマンスをあげられるのは、優れた投資家だと疑いようがない。


投稿者:名無し

ある程度成長しきって安定してるよりも時価総額小さめの銘柄の成長率に期待したい!そうすればテンバガーかもしれないって期待もあるもんなあ。だいぶ増やしたみたいだけど、今総資産いくらくらいなんだろ。