最新更新日:2022年12月05日に更新しました!
「株予想会社、株式投資助言、投資顧問、株予想サイトの口コミや評判を徹底検証し評価します!」

検証済みの株サイト数:1748 現在頂いた口コミの数:35,601

『ボロ株』の会社情報と評価

ボロ株の記事サムネイル

不明

会社名:
口コミ件数: 4件 →口コミを見る←

最先端の銘柄選定ロボの性能をPICK UP!!



▼ 勝率7割超えのAIシステム ▼
最新AIが国内市場を分析!
わずか数日で値上がる見込みの銘柄を選定
ボタンを押すだけで知れる急騰期待株で、
「資産を取り戻せた」と投資家から評判


『ボロ株』の検証結果

  1. ボロ株は「大儲け」の可能性を秘めた投資先

  2. 株価100円未満のボロ株は「大化け」の可能性を秘めています

    ボロ株は株価の安さから個人投資家でも投資しやすく、ひとたび注目を集めると瞬く間に高騰を果たす傾向があります。

    2021年に株価が59倍になった「グローバルウェイ(3936)」も元々は株価37円のボロ株でした。

    2020年にはテラ(2191)の株価が22.1倍、2019年にはREVOLUTION(8894)が10.5倍の高騰。有望なボロ株に投資できれば大きなリターンを得られます

    ただボロ株投資は大儲けが期待できる反面、仕手株に使われたり、業績が悪化して上場廃止になるというリスクも存在します。勝つためにはボロ株を見極める選定眼が必要です。

    本記事では2023年おすすめのボロ株を10銘柄紹介。大化け期待、配当狙い、優待付きボロ株など投資目的に応じた銘柄を見ていきます。



  3. ボロ株とは株価100円未満の株

  4. 株価水準が他と比べて低い銘柄を「低位株」と呼びますが、ボロ株はその中でも株価100円未満の銘柄のことを指しています。

    株価100円未満のボロ株は58銘柄存在します(2022年12月1日時点)。

    ・プライム市場:4銘柄
    ・スタンダード市場:44銘柄
    ・グロース市場:10銘柄

    ボロ株が安く放置されている要因は業績不振や、財務状況の悪化、不祥事やスキャンダルなどで、投資家から見向きされなくなっていることが挙げられます。

    例えばペッパーフードサービス(3053)は、2007年に不祥事を起こし株価100円を切っていた時期がありました。

    ペッパーフードサービス(3053)のチャート
    引用元:ペッパーフードサービス(3053)のチャート


    しかしその後、ペッパーフードサービスの株価は急速に改善。

    ボロ株の中にはペッパーフードサービスのような不祥事を抱える銘柄もありますが、「ボロ株が好き」という投資家は多いです。

    ボロ株は株価や時価総額が少なく「大化けしやすい」銘柄でもあるからです。

    ペッパーフードサービスのチャートを見て貰うと分かりますが、株価が低迷した後に大躍進を遂げています。株価100円の時に買っていれば、資産は80倍になっている計算。

    将来有望なボロ株に投資できれば、資産を一気に増やすのも夢ではありません


  5. 2023年 大化け期待のおすすめボロ株(4選)

  6. 今回紹介する2023年の大化け期待のボロ株は4銘柄。

    ①フィンテックグローバル(8789)
    ②堀田丸正(8105)
    ③ファンドクリエーショングループ(3266)
    ④ASIAN STAR(8946)


    業績好調な企業、社会的に需要が高まる事業を営んでいる企業などを選定しました。

    ①フィンテックグローバル(8789)

    フィンテックグローバル(8789)の株価チャート出典:フィンテックグローバル(株探)
    企業名:フィンテックグローバル(8789)
    株価:54円(2022年12月1日終値)
    時価総額:109億円
    PER:10.9倍
    PBR:1.65倍

    フィンテックグローバルは、メインの投資事業やコンサルティング事業のほか、テーマパーク「ムーミンバレーパーク」の運営を行なっている企業です。

    決算を見ると、3期連続増収・4期連続増益と右肩上がり。来期業績予想でも、利益5.7倍の見通しを発表しています。

    フィンテックグローバル(8789)の業績予想

    フィンテックグローバルに期待できる理由は2点。

    ・投資銀行事業が好調
    ・ムーミン関連事業の収益性の改善


    投資案件数が増加し、投資金の回収も順調に進んでいます。売上高は22.5%の増加(前期比)、売上総利益は8.3%増加。

    行動規制が緩和されたことにより、ムーミンバレーパークへの来場者数や売り上げにも改善の傾向が見られます。

    売上や利益をきちんと上げているボロ株は、自ずと成長を遂げます。

    PER10.9倍、PBR1.65倍というデータから見ても、フィンテックグローバルは割安な成長株と言えるでしょう。


    ②堀田丸正(8105)

    堀田丸正(8105)の株価チャート出典:堀田丸正(株探)
    企業名:堀田丸正(8105)
    株価:53円(2022年12月1日終値)
    時価総額:31.6億円
    PER:165倍
    PBR:0.97倍

    堀田丸正は、繊維の卸売りを営む企業です。和服や洋服の装飾に使用される特殊な糸「意匠撚糸」を中心に販売しています。

    来期の業績が黒字転換する見通しが発表されています。

    堀田丸正(8105)の業績予想

    堀田丸正は今後事業の構造改革を進める方針です。同社の強みである“糸”の知識や技術のリソースを活かした新規ファッションブランドの設立、中国内での売り上げ拡大に注力しようとしています。

    前期は中国の上海ロックダウンや海外渡航者減の影響から、業績は芳しくありませんでした。しかし来年はインバウンドの復活も期待されています。

    自社プロダクトの販売チャネル最適化も計画。堀田丸正は、今後の業績回復・ひいては株価上昇に期待が持てる企業です。


    ③ファンドクリエーショングループ(3266)

    ファンドクリエーショングループ(3266)の株価チャート出典:ファンドクリエーショングループ(株探)
    企業名:ファンドクリエーショングループ(3266)
    株価:80円(2022年12月1日終値)
    時価総額:30.5億円
    PER:18.0倍
    PBR:1.28倍

    ファンドクリエーショングループは、株式・不動産・太陽光発電などの投資ファンドを組成して販売を行なっている企業です。

    業績予想では、売上が下がったものの利益は上り調子。未定だった配当も1円実施する方針を発表しています。

    ファンドクリエーショングループ(3266)の業績予想

    売上高が落ち込んだ理由は、米国不動産売却による売り上げが芳しくなかったためです。その分、アセットマネジメントフィー(資産運用代行による手数料収入)は、売上高が拡大。不動産収入、利益を伸ばしています。

    ファンドクリエーショングループに期待できる理由は、太陽光発電への投資事業に伴う業績アップです。

    世界的な脱炭素化の流れもあり、自然エネルギーを活用する太陽光発電はますます注目度を増しています。

    岸田首相は脱炭素に向けて積極的に取り組む姿勢を示しており、「10年間で150兆円規模の投資が必要」と指摘。2023年には、20兆円規模の投資を検討しています。

    投資家の注目度が太陽光発電に向けられることで、ファンドクリエーショングループが手掛けるファンドへの資金流入も見込めるでしょう。


    ④ASIAN STAR(8946)

    ASIAN STAR(8946)の株価チャート 企業名:ASIAN STAR(8946)
    株価:80円(2022年12月1日終値)
    時価総額:15.6億円
    PER:22.6倍
    PBR:0.92倍

    ASIAN STARは、横浜中心に不動産販売、仲介を行なっている企業です。中国系企業と提携したことで、中国内での不動産仲介も行なっています。

    2022年の通期業績予想では黒字転換を発表。経常利益は、前期比28倍の見通し

    ASIAN STAR(8946)の業績予想出典:ASIAN STAR(株探)


    ASIAN STARは、2022年2月14日に発表した通期業績予想から、一貫して見通しを変えていません。

    前期決算だけ見ると赤字ですが、後期には販売用不動産の売却を予定しているとのこと。また上海市のロックダウンの影響を受けて子会社が稼働できていませんでしたが、ロックダウンはもうすでに解除されています。後期には、中国子会社の利益も計上されるでしょう。

    ASIAN STARの代表取締役は、2022年5月に中国出身の「呉分偉(ご・ぶんい)」に変わりました。呉氏のもとで中国の不動産事業に加えて、中国向けに新たなサービスも開始される予定になっています。

    新しく株主優待を設立することも決まりました。保有株5,000株以上の人を対象に、食品や電化製品と交換可能な優待ポイントを進呈します。

    ASIAN STARに期待できる理由は、業績見通しが良い点がひとつ。それに加えて、新規事業のスタート・株主優待の設立など、投資家から注目を集める材料がたくさん出ている事です。

    自己資本比率は50%付近で安定しており、ボロ株ながら経営基盤は安定しています。今後の投資妙味がある銘柄と言えるでしょう。


    以上、ボロ株から大化け期待のおすすめ銘柄を4つ紹介しました。

    ボロ株はその株価の安さから、ひとたび市場からの注目を集めると一気に株価が高騰するのが魅力。投資金が少ない人でも、一攫千金が狙いやすいと言えるでしょう。

    今回は手動で銘柄を調査しましたが、AIを用いて銘柄を分析する方法もあります。

    短期急騰が期待できる銘柄を出す「REGAINというAIツールは、投資家からの評判も上々。利益を出せるなら、このような便利ツールを用いるのも良さそうです。


  7. 2023年 高配当狙いのおすすめボロ株(3選)

  8. 意外に思うかもしれませんが、株価100円未満のボロ株の中にも配当を出している企業は存在します。

    配当を出すには経営が安定しているのが必須条件。

    ここでは配当利回りが高めで、経営基盤が安定しているボロ株を3銘柄紹介します。

    ①エルアイイーエイチ(5856)
    ②フォーバル・リアルストレート(9423)
    ③ヤマノホールディングス(7571)


    ①エルアイイーエイチ(5856)

    企業名:エルアイイーエイチ(5856)
    株価:52円(2022年12月1日終値)
    時価総額:38億円
    配当利回り:3.8%
    配当性向:42.8%

    エルアイイーエイチは8期連続で配当を出しています。配当利回りは3%超と高め。

    業績は2022年3月期予測では売上成長が-1.7%と下落しましたが、純利益は3億1,500万円を計上。

    自己資本比率は58%あり、経営が安定していて倒産しにくい会社です。


    ②フォーバル・リアルストレート(9423)

    銘柄コード:9423
    銘柄名:フォーバル・リアルストレート
    株価:99円(2022年5月23日終値)
    時価総額:23億円
    配当利回り:2%
    配当性向:41.3%

    フォーバル・リアルストレートは2017年に配当が始まって以来、4年連続で増配

    売上、利益ともに順調に推移しており財務状況も安定している企業です。


    ③ヤマノホールディングス(7571)

    銘柄コード:7571
    銘柄名:ヤマノホールディングス
    株価:56円(2022年5月23日終値)
    時価総額:20億円
    配当利回り:1.7%

    ヤマノホールディングスは2021年はコロナの営業で臨時休業等による損失を出して赤字に転落しましたが、2022年3月期予想では、売上利益とも、ほぼコロナ前に水準に戻せています


  9. 2023年 株主優待狙いのおすすめボロ株(3選)

  10. 株価100円未満のボロ株の中には、株主優待を出している企業があります。

    優待内容と優待利回りを元に、おすすめのボロ株を3つ紹介します。

    ①ピクセラ(6731)
    ②エコナックホールディングス(2330)
    ③フォーサイド(9423)


    ①ピクセラ(6731)

    銘柄コード:6731
    銘柄名:ピクセラ
    株価:14円(2022年5月23日終値)
    時価総額:24億円
    優待内容:議決権行使のお礼*にクオカード500円分が郵送されてきます。
    優待利回り:35.7%
    優待権利の確定日:(次回)2022/9/28

    ピクセラでは議決行使をするだけで500円分のクオカードがもらえます。

    それを優待と考えると、優待利回りは35%以上と他の銘柄を圧倒する水準になります。

    *クオカードは株主優待ではありません。9月末時点で保有していた上に12月に送られてくる議決権を行使する必要があります。またこの隠れ優待は今後アナウンスなく、なくなる可能性があります。


    ②エコナックホールディングス(3521)

    銘柄コード:3521
    銘柄名:エコナックホールディングス
    株価:92円(2022年5月23日終値)
    時価総額:47億円
    優待内容:テルマ―湯の入場料金が無料となる優待券(平日)
    優待利回り:5.4%
    優待権利の確定日:(次回)2023/3/29

    ピクセラはコロナ禍で大きく業績を落としているものの、2020年3月期までは売上、純利益ともに順調に推移していました。

    テルマ―湯は東京都新宿にある温浴施設。中伊豆から毎日運搬されてくる天然温泉の露天風呂や関東最大級の高濃度炭酸欲等の充実の内風呂があります。


    ③フォーサイド(9423)

    銘柄コード:9423
    銘柄名:フォーサイド
    株価:99円(2022年5月23日終値)
    時価総額:28億円
    優待内容:電子書籍販売サイト(モビぶっく)で利用可能なポイント500ポイント
    優待利回り:5.7%
    優待権利の確定日:(次回)2022/12/28

    フォーサイドの業績は、売り上げ、利益ともに順調に推移しており、2022年12月期予想で売上対前年比2.5%、純利益で24.6%増となっています。

    モビぶっくにある電子書籍を500円分読めるポイントなので、自分好みの本を選べて使い勝手がよい優待内容です。


  11. 2021年のボロ株の動向と2022年の見通し

  12. 2021年は日本市場全体がコロナウィルスの感染拡大による景気の失速などにより伸び悩む展開となりました。

    2020年に金融緩和によってもたらされた全世界市場での株価上昇や、巨額の投資マネーが流れ込むことで多くのボロ株は急騰しており、2021年はテンバガーを達成したボロ株は例年に比べ少なめでした。

    2022年は、米国市場や欧州市場で行われる金利政策やエネルギー価格の高騰による行き過ぎたインフレにより、世界的に株価が上がりにくい市場展開が予想されます。

    しかし元々の株価が安いボロ株は世界株安の影響は微少と見れます。”ボロ株はこれ以上下がりようがない”とも言えるためです。

    今後はエネルギー資源のロシア依存からの脱却など、緊要な問題でもあるロシア関連のテーマが注目される年になると思われます。

    市場全体が下落トレンドであったとしても、テーマに関連するボロ株は投資家の目を引きます。

    安全かつ将来有望なボロ株を選定できれば大勝ちの可能性も見えてくるでしょう。

    高騰期待の銘柄を知りたい方は、「銘柄選定AI」の情報を確認してみるのも良さそうです。


  13. 過去にボロ株から大化けを果たした銘柄(年代別)

  14. ボロ株からテンバガーや大化けを果たした銘柄を年代ごとに紹介します。

    ■2022年 新都ホールディングス(2776) 3倍

    2022年はまだボロ株からテンバガーを達成した銘柄はありません。

    世界的な株価不況が騒がれる中、年初来から3倍の高騰を果たしたのが新都ホールディングス(2776)です。

    新都ホールディングス(2776)

    新都ホールディングスは研修コンサルティング、オフィスサービス事業を行う事業会社です。

    株価は2022年1月25日の安値53円から4月18日の高値203円まで高騰。

    新都ホールディングスは売上高前期比6.7倍、営業損益は黒字転換の好決算を発表。

    世界的な資源価格高騰を背景に、廃金属商材関連製品の輸出業務が全体業績に大きく寄与した形です。


    2022年は新都ホールディングスのほか、「シェアリングテクノロジー(3989)」も株価3.5倍を達成しています。


    ■2021年 グローバルウェイ(3936) 59倍

    グローバルウェイは転職・就職情報サイトの運営の他、クラウド開発、保守運営を行う会社です。

    2021年中に何度か株式分割を行っており、分割後の修正値で見ると2021年7月21日の安値37円から11月2日の高値2193円。

    グローバルウェイの株価は59倍もの高騰を果たしています。

    グローバルウェイ(3936)

    グローバルウェイの業績はそれまで5期連続赤字と良くはありませんでしたが、暗号資産の売却で営業外収益を計上し、2021/7月期に業績予想の上方修正を行いました。

    それがきっかけとなり株価は上昇。株式分割を繰り返したことで大化け銘柄と相成りました。

    その後グローバルウェイは値下がったものの、何度も動意づいて2倍、3倍と短期目線で何度も価格が変動しています。

    一度大化けした株は、世間からの注目を集めるため再び株価上昇することはよくある話です。


    ■2020年 テラ(2191) 24倍

    テラは状細胞ワクチン療法などの研究開発を手掛ける大学発の医療ベンチャーです。

    株価は2020年3月13日の安値92円から、6月9日の高値2175円と24倍に。

    テラ(2191)

    テラの株価はネジェニックス・ジャパンと新型コロナウィルスの新薬開発を発表したことで急騰しました。


    ■2019年 REVOLUTION(8894) 10倍

    REVOLUTIONは山口県を地盤に不動産の賃貸、仲介や戸建て分譲を展開し、アパマンショップのフランチャイズ等を主に行っています。

    株価は2019年2月20日の安値8円から、11月12日の高値84円まで上昇。約10倍になりました。

    REVOLUTION(8894)

    当時、REVOLUTIONの株価高騰につながるような材料は見受けられませんでした。仕手株化しての急騰だったのかもしれません。


    ■2018年 アライドテレシスホールディングス(6835) 4倍

    アライドテレシスホールディングスは、ネットワーク機器を国際展開する、セキュリティ、教育ICT関連の会社です。

    株価は2018年1月5日の安値62円から、3月12日の高値286円まで約4倍になりました。

    アライドテレシスホールディングス(6835)

    決算で業績916.4%増の大幅な増益が発表され、これをきっかけに株価が大きく上昇しました。


  15. ボロ株が個人投資家に人気のワケ

  16. ボロ株が個人投資家から人気の理由は3つ。

    ①株価が低く上昇余地が高い
    ②少額から投資できる
    ③機関投資家が参入しにくい

    ボロ株は個人投資家が資産を増やすのによく利用されています

    ①株価が低く上昇余地が高い

    ボロ株は「株価100円未満」であるため、数円値上がりしただけで株価上昇率が高くなります

    【事例】ボロ株と大型株それぞれに10万円を投資する場合

    不動産事業を営む「ランド(8918)」の株価は9円。株価が1円値上がりすると+11%の上昇になります。対してトヨタ自動車(7203)の株価は2,222円。1円値上がりで+0.04%の上昇となります。

    ランドに投資した場合の利益は2万円。トヨタ自動車に投資した場合は35円の利益。ふたつには雲泥の差がありますね。

    株価水準が高い大型株は上値が重く、出来高も安定しているため株価が一気に高くなることは早々ありません。

    ボロ株の場合は数円の値上がりでも多くのリターンが見込めます。


    ②小額から投資できる

    ボロ株は1万円あれば投資できます。株価7円のアジア開発キャピタル(9318)という企業に至っては、700円あれば投資可能。

    少額で大量に株式を買えるため、ボロ株は分散投資先として選ばれることもしばしば。株価が安く「誰でも買い付けやすい」点から、ボロ株は注目を集めると一気に買い手が増える傾向があります。

    2020年にダブルテンバガーに近付いたテラは、コロナウイルスワクチン治療薬のニュースが出た後に出来高が4倍近く急増。

    テラ(2191)のチャート
    引用元:テラ(2191)のチャート

    ボロ株はひとたび注目を集めると、個人投資家からの買いが集まり高騰を果たします。

    ボロ株は元々の株価水準が低いことも相まって、個人投資家でも参入しやすいのでしょう。


    ③機関投資家が参入しにくい

    ボロ株は機関投資家の投資先銘柄になりにくいため、機関投資家の売買による株価乱高下に振り回される心配が無くなります

    機関投資家の投資対象は東証1部の大型株、時価総額の大きい社会的信頼性の高い企業が多いと言われています。機関投資家がボロ株のような出来高や流動性が低い銘柄に投資をすると、それだけで株価に影響を及ぼします。

    大口取引が入って株価を一気に釣り上げていると分かったら、後から参入しようとは思わないですよね。値上がりした途端に大きな売りを浴びせられて、株価が下がるのは明白ですから。

    ボロ株に機関投資家がいないのは、機関投資家がボロ株を売買しても旨みがほとんど無いため

    個人投資家にとってはボロ株に投資することで、機関投資家の大口取引に惑わされずに済みます。


  17. ボロ株投資のリスクと対策

  18. ボロ株は業績不振や、財務状況に問題がある銘柄が多いことからリスクの高い投資でもあります。

    あらかじめボロ株のデメリットを認識しておきましょう。

    ■ボロ株投資のリスク・デメリット
    ①倒産・上場廃止のリスク
    ②売買が成立しないことがある
    ③仕手株に利用されることがある

    ①倒産・上場廃止のリスク

    ボロ株の中には赤字が続いている、財務状況が悪化している、不祥事を起こして人気が無くなったなど、悪材料を抱える銘柄が存在します。

    株価低迷が長く続くと最悪の場合は倒産、上場廃止になってしまいます。倒産、上場廃止になると株式の価値はゼロ円になります。

    倒産・上場廃止のリスクを測るために、企業の自己資本比率を確認しておきましょう。自己資本比率は返済の必要が無い資産の割合の事で企業の安全性を測るために利用します。

    企業の自己資本比率が40%程度あれば簡単には倒産しないでしょう。

    またボロ株の株価がなぜ安くなっているのか確認するのも大事です。株価が安い理由が業績不振なのか、スキャンダルを起こして市場から見放されているのか。それとも、業績、財務状況共に有望なのに、他の投資家が気付いていなくて放置されているだけなのか。

    問題のある銘柄にはもちろん手出しは禁物。株価が安い理由を調べておいて、倒産・上場廃止のリスクをなるべく排除するようにしましょう。

    ②売買が成立しないことがある

    ボロ株は流動性が低く、自分のタイミングで売買できない場合があります

    元々ボロ株は問題のある銘柄も少なくないので、売買が頻繁に行なわれているわけではありません。人気の無い銘柄には買い手も売り手も付かないという事ですね。

    ボロ株を調べてみて、1日の出来高があまりにも少なすぎる銘柄には手を出さないのが安全です。1日の出来高が10万前後あったら、少なくとも売買で困ることはないはず。

    もし出来高10万以下のボロ株を買う場合は、投資家の注目を集める材料が今後出てくるかどうかをよく見極めてから売買を行うようにしましょう。

    ③仕手株に利用されることがある

    ボロ株は仕手株として利用されて、株価が乱高下することがあります。仕手株とは特定の集団(仕手筋)が自分の利益を出すために不当に株価を吊り上げる対象になる銘柄のこと。

    株価が安く放置されているボロ株は個人投資家でも株価に影響を及ぼせるため、仕手株に利用されることもしばしば。

    仕手株は売買タイミングが非常に難しくなるため、仕手筋に利用されるような銘柄に近づくのは避けた方が良いでしょう。ただ、仕手筋の動きに乗っかって売買をすることで利益を得ている「タカニキのような投資家もいます。

    「株価を吊り上げてくれる」状況を上手く利用できれば、ハイリターンを得ることも可能ですが、売買リスクは高めになるので初心者のうちは避けた方が無難です。

    ボロ株は特に仕手株にされやすいです。過去のデータを調べてみて、「何の材料も無いのに急激に株価が上昇した」形跡があったら、仕手筋が絡んでいる可能性が高くなります。事前によく確認しておきましょう。

    最近は「仕手筋の動きを読んでいる?」と噂される銘柄選定AIも出ています。気になる方はどうぞ。



  19. 2022年 ボロ株の一覧(市場別)

  20. ボロ株を株価・PER・PBR・時価総額ごとにまとめました(2022年1月31日時点)。

    ↓クリックで開閉できます↓
    東証一部
    コード 銘柄名 市場 業種 終値 PER PBR 時価総額
    8918ランド東証一部不動産業104.78倍2.23倍105億
    6541グレイス東証一部サービス業140.12倍147億
    8107キムラタン東証一部繊維製品183.89倍30億
    9704アゴーラHG東証一部サービス業220.99倍27億
    5721S・サイエンス東証一部非鉄金属231.47倍21億
    6740JDI東証一部電気機器370.56倍27億
    3521エコナックHD東証一部サービス業861.02倍14億
    3202ダイトウボウ東証一部繊維製品8913.99倍0.58倍24億
    7527システムソフト東証一部情報・通信業9837.84倍1.43倍62億


    東証二部
    コード 銘柄名 市場 業種 終値 PER PBR 時価総額
    9318アジア開発東証二部証券商品先物62.30倍81億
    6731ピクセラ東証二部電気機器1624.62倍1.46倍28億
    8894REVOLUTI東証二部不動産業1760.71倍4.10倍23億
    7647音 通東証二部小売業2617.45倍1.97倍18億
    1491中外鉱東証二部非鉄金属2828.87倍1.21倍15億
    1757中小企HD東証二部建設業4111.68倍31億
    8789フィンテック東証二部その他金融業4182.00倍1.30倍54億
    5103昭和HD東証二部ゴム製品441.27倍19億
    8105堀田丸正東証二部卸売業48960.00倍0.85倍20億
    8925アルデプロ東証二部不動産業496.71倍2.72倍39億
    6993大黒屋東証二部小売業5118.15倍6.03倍19億
    5856エルアイイエイチ東証二部小売業5212.35倍1.19倍131億
    3840PATH東証二部情報・通信業542.73倍52億
    3010ポラリスHD東証二部サービス業69-4.00倍35億
    6786RVH東証二部サービス業700.86倍28億
    5940不二サッシ東証二部金属製品7245.57倍0.45倍313億
    5955ヤマシナ東証二部金属製品7219.94倍0.91倍14億
    3113Oak東証二部証券商品先物771.17倍97億
    6835アライドHD東証二部電気機器8848.35倍1.75倍33億
    8912エリアクエスト東証二部不動産業9016.57倍1.26倍83億


    マザーズ
    コード 銘柄名 市場 業種 終値 PER PBR 時価総額
    2370MDNTマザーズサービス業451.71倍44億
    3237イントランスマザーズ不動産業509.04倍1.41倍20億
    3664モブキャストHマザーズ情報・通信業582.62倍34億
    4564OTSマザーズ医薬品684.31倍21億
    6181タメニーマザーズサービス業82-12.97倍20億
    3989シェアリングTマザーズ情報・通信業859.66倍47億
    2586フルッタフルッタマザーズ食料品861.34倍53億
    4594ブライトパスマザーズ医薬品1001.74倍49億
    4597ソレイジアマザーズ医薬品1004.03倍16億


    JASDAQ
    コード 銘柄名 市場 業種 終値 PER PBR 時価総額
    3777FHTHDJASDAQ情報・通信業18225.00倍3.63倍27億
    8836RISEJASDAQ不動産業190.91倍83億
    2134サンキャピタルJASDAQサービス業261.84倍151億
    9973小僧寿しJASDAQ小売業3035.71倍15.54倍63億
    3350REDJASDAQ卸売業333.92倍46億
    9978文教堂HDJASDAQ小売業375.47倍-1.88倍19億
    2743ピクセルJASDAQ卸売業454.19倍37億
    7571ヤマノHDJASDAQ小売業5619.51倍1.84倍134億
    2776新都HDJASDAQ卸売業5736.08倍1.84倍60億
    7771日本精密JASDAQ精密機器621.12倍31億
    2694焼肉坂井JASDAQ小売業6357.27倍2.38倍39億
    3323レカムJASDAQ卸売業6520.38倍1.44倍91億
    3390INESTJASDAQ卸売業6589.04倍1.89倍103億
    7610テイツーJASDAQ小売業697.03倍1.13倍4億
    2388ウェッジHDJASDAQその他金融業7426.43倍0.73倍28億
    8946エイシアンスターJASDAQ不動産業8022.28倍0.92倍60億
    3266ファンドクリGJASDAQ不動産業8218.14倍1.24倍83億
    2191テ ラJASDAQサービス業896.03倍29億
    2321ソフトフロントHJASDAQ情報・通信業89269.70倍13.38倍27億
    1783アジアGTHDJASDAQ建設業9140.81倍4.37倍18億
    6494NFK-HDJASDAQ機械9134.47倍0.97倍68億
    2330フォーサイドJASDAQ情報・通信業9213.55倍2.42倍18億
    4764NexusBJASDAQ情報・通信業945.25倍1.84倍144億
    7836アビックスJASDAQその他製品95118.75倍7.69倍165億
    8783GFAJASDAQその他金融業96121.52倍5.00倍15億
    6819伊豆SRJASDAQサービス業9739.43倍1.07倍94億
    9423フォーバルRSJASDAQ情報・通信業9738.49倍5.96倍23億




  21. 将来有望なボロ株の見つけ方

  22. ボロ株投資で成功するためには、危険な銘柄を避けて「将来有望なボロ株」を見つけることが重要です。

    倒産や上場廃止のリスクを持っている銘柄を避けて、将来有望な株式を見つけるためのポイントを整理しました。

    ①業績が黒字転換した
    ②PER15倍以下、PBR1倍以下
    ③テーマ性がある
    ④自己資本比率40%以上

    上記した特徴を持つボロ株であればリスクは少なめで、今後の株価高騰も見込めるでしょう。

    ①業績が黒字転換した

    赤字経営だった企業の業績が黒字転換したということは、「利益を生み出す環境が整った合図」になりえます。

    ・新しい事業で収益を生み出せるようになった
    ・新商品で採算が取れるようになった
    ・社内の構造改革の結果、経営が安定しはじめた

    「黒字転換する企業を狙う」というのは、投資アナリスト「馬渕磨理子」も実践している投資手法です。

    ボロ株は業績が悪くて株価が落ち込んでいることも多いですが、黒字転換するタイミングで投資できれば「期待の成長株」に投資することと同じです。


    ②PER15倍以下、PBR1倍以下

    PER15倍以下、PBR1倍以下の銘柄は「割安株(バリュー株)」と判断できます。

    バリュー株は相場が落ち込んだ時に投資家からの買いが増える傾向があるため、株価水準が低いボロ株であれば大きなリターンも見込めます。


    ③テーマ性がある
    大きく株価が上昇するボロ株は「テーマ関連銘柄」が多いです。テーマが注目されることによって、大型株からボロ株まで物色されるため、テーマと意外な関連性を持っていたりすると、出遅れ銘柄として一気に株価上昇を果たすこともあります。

    2020年に株価20倍を達成したテラ(2191)はコロナウイルス関連銘柄です。

    テーマと一致するボロ株は今後の成長が期待でき、元々の株価の安さから参入してくる投資家が一気に増えます

    テーマ株の高騰期待値が高いのは、過去のデータによって証明済みです。


    ④自己資本比率40%以上
    自己資本比率が40%以上ある企業は簡単に倒産はしないと言われています。50%以上あればかなり良好な財務状態を維持していると言えるでしょう。

    ボロ株は対象になる銘柄数が少なく、全ての条件に合致する銘柄は少ないかもしれませんが、もし条件に合致する銘柄が出てくれば大化けにも期待できるでしょう。



  23. ボロ株の探し方・スクリーニング方法

  24. スクリーニングツールを用いて、将来有望なボロ株を効率良く見つけます。

    無料で利用できる「トレーダーズウェブのスクリーニングツール」を使ってボロ株を抽出してみまししょう。

    1.トレーダーズウェブのスクリーニングツールにアクセス

    トレーダーズウェブのスクリーニング画面


    2.使用するスクリーニング条件をセットします

    最初は半透明になっていて入力ができませんが、チェックボックスをONにすると、その項目が入力可能になります。
    トレーダーズウェブのスクリーニング設定画面

    【今回スクリーニングで設定する条件】

    ・市場:全市場
    ・業種:全業種
    ・終値:100円以下
    ・PER:15倍以下
    ・PBR:1倍以下


    3.「実行」をクリック

    すると、スクリーニング条件で絞った銘柄の一覧表が出てきます。

    トレーダーズウェブのスクリーニング結果画面


    4.抽出したボロ株について一つずつ見て行く

    トレーダーズウェブの個別銘柄画面

    抽出をしたら、それぞれのボロ株について個別に調べていきます。


  25. ボロ株の情報収集をする方法

  26. ボロ株投資は成功すれば少額で大きな利益を得られるという利点がある一方、仕手に巻き込まれたり、投資した企業が倒産したり、普通の株式投資に比べてリスクが高い投資法でもあります。

    ここではボロ株投資を成功させるために必要な情報収集などを解説します。

    ■企業の決算・IRを確認

    各企業のIR情報やIR情報をまとめたサイトを利用して、各社の細かい業績や財務状況を確認します。

    IR Bankは過去の業績を一覧で見れてわかりやすいです。

    IRBANK
    引用元:IRBANK

    ボロ株を見るときは、健全な財務体質の会社かどうかを確認するために自己資本比率をチェックしておきましょう。

    自己資本比率は40%以上あれば安定した会社として考えられます。


    ■SNSで銘柄を検索する

    急に株価が上がった場合、その理由がすぐにはわからなかったりすることがあります。

    そんな時はリアルタイムで情報を収集できるTwitterなどのSNSが便利です。

    今は著名な投資家や億り人など、様々な投資家がブログやTwitter、YouTubeで情報を発信しています。

    これらの投資家のSNSの発信情報を検索することで、リアルタイムに近い情報を効率よく探し出すことができます。


    ■Yahoo!掲示板を覗く

    Yahoo!ファイナンスの掲示板は銘柄ごとにあり、いろんな人が書き込みをしています。

    株価が大きく動く時など意見が活発に投稿されますので、大きな流れを知るのに適しているといえます。

    ただし匿名で利用できるという特性上、信用できない情報や広告投稿なども多いので、投稿される情報には注意が必要です。


    ■AI投資サービスを利用する

    大化け株に投資したい人は、AIによる銘柄抽出サービスもおすすめです。

    2022年~2023年にかけて大化け銘柄と出会いたい方は、こういった評判の良い投資サービスを利用してみるのも一つの手です。


    ・優待、配当が貰える100円以下の株
    ・リスク小、大化け期待な200円以下の株
    ・時価総額1,000億円以下おすすめの小型株

最先端銘柄選定ロボ

<利益を出すならココ!!>
REGAIN(リゲイン)
勝率7割を誇る最新AI
わずか数日で値上がる期待高銘柄を選定
⇒REGAIN(リゲイン)の記事を確認


Alpha AI(アルファエーアイ)
上昇率1,000%OVERの銘柄を抽出
最先端AIが予想する次なる大化け銘柄は?
⇒Alpha AI(アルファエーアイ)の記事を確認



口コミ投稿フォーム

口コミ投稿フォーム

口コミ投稿内容
お名前


『ボロ株』の口コミ

投稿者:名無し

羨ましい。今日とかボロ株がめちゃくちゃ上がってたけど、どれに入ったらいいんか正直分からない。どうしたもんか・・


投稿者:名無し

ボロ株のアゴーラホスピタリティーグループが爆上げ。恐らく仕手筋による上げだと思うけど、監視してたおかげで利益とれた( ̄▽ ̄)


投稿者:名無し

個人的にはボロ株や低位株は今年来ると思ってます。3連休中にどれに投資するかを見定めようかな!


投稿者:名無し

ボロ株は当たるとデカイから好き。管理人さん、他の人が注目してるボロ株も見てみたいので是非検証お願いします!