最新更新日:2022年10月06日に更新しました!
「株予想会社、株式投資助言、投資顧問、株予想サイトの口コミや評判を徹底検証し評価します!」

検証済みの株サイト数:1736 現在頂いた口コミの数:34,452

『仕手株』の会社情報と評価

仕手株銘柄のサムネイル

会社名:
口コミ件数: 9件 →口コミを見る←

最先端の銘柄選定ロボの性能をPICK UP!!



▼爆発的な高騰銘柄を選定するAI▼
新世代AIが国内市場全銘柄を分析!
不透明な相場でも卓越した性能を発揮
株価7倍、3倍銘柄の予測が次々に的中
「地合い関係なく勝てる」と投資家から評判


『仕手株』の検証結果

仕手株とは

仕手株とは、意図的に株価が操作されている可能性が高い銘柄のことを指します。

集団投資家(仕手筋)が巨額な資金をもとに大量売買を行なうことで、業績や事業に関係なく株価が急激に上昇したり、下がったりします。

仕手株と呼ばれる銘柄の中には、1ヶ月で7倍に株価上昇した事例もありました。

タイミング良く仕手筋に相乗りできたら莫大なリターンが見込める一方、投資のタイミングを間違えれば地獄を見る仕手株投資

本記事では、仕手株になりやすい銘柄の特徴をもとに見分け方をレクチャー。

過去に仕手株と話題を集めた事例を紹介すると共に、仕手株投資の魔性の魅力に迫ります。

仕手株になる流れ

仕手株は、一連の流れに沿ってできあがります。

①株をこっそり買い集める(玉集め)
②大量の買い注文を出して一気に株価を引き上げる(玉転がし)
③高値で売り抜ける(ふるい落とし)

仕手株の動きを見せる銘柄例

株をこっそり買い集める(玉集め)

まずは仕手筋(仕手株をしかける集団投資家)が、仕手株の対象銘柄を決めます

株式を大量に集められるため、株価が安い「ボロ株」や「低位株」が仕手株のターゲットにされやすいです。

他の投資家たちに気づかれないよう、数ヶ月かけて少しずつ少しずつ株を買い集めます

この一連の流れを「玉集め(ぎょくあつめ)」といいます。

大量の買い注文を出して一気に株価を引き上げる(玉転がし)

株式を買い集めた仕手筋は、次に大量の買い注文を出します。

一気に買い注文を出すことで出来高が急上昇し、他の個人投資家から注目されるのが狙いです。

個人投資家がその銘柄を注文しはじめると、仕手筋は少しずつ株の売却をはじめ、株の需要と供給を安定させます

需給を安定させるために少しずつ売却する株を冷やし玉(ひやしぎょく)といいます。過熱した相場を冷やすために出す売り注文の株(売り玉)のことです。

加熱した相場に少しずつ売り玉(冷やし玉)を入れることで相場は安定して、個人投資家はその銘柄が買いやすくなり、さらなる株価の上昇が狙えるようになります。

この一連の流れを玉転がし(ぎょくころがし)といいます。

高値で売り抜ける(ふるい落とし)

出来高が伴って上昇する銘柄は、個人投資家も安心して買いに走ります。

個人投資家による買い注文でさらに株価が上昇した時、仕手筋は仕込んでおいた株を一気に売って、利益を確定させます。

仕手筋が大量に株式を売ったため株価は急落。

この一連の流れによって仕手株は作られます。

仕手株の特徴

仕手株のターゲットにされやすい銘柄には、共通した特徴があります。

特徴を知っておくことで、仕手株を判別するのに役立つでしょう。

株価が安い(低位株・ボロ株)

株価が安い銘柄は、仕手株化しやすいです。

少ない資金でもたくさんの株を買い集められる。元々の株価が安いため、上昇の余地が大きいなどの理由があります。

そのため、株価が安い銘柄を指す「ボロ株」や「低位株」が急騰ランキング上位に出現した時は、注意をして情報収集にあたりましょう。

出来高が少ない

出来高が少ない銘柄は、仕手筋から好まれます。

そもそも取引している人が少ないため、注目されていない(誰も見ていない)状態であることが多いからです。

仕手株を仕込む際は、他の投資家に気付かれないようにする必要があります。仕手筋はなるべく安く株式を仕入れたいですからね。

そのため、多少株価が動いても誰も気付かない「出来高が少ない銘柄」は仕手株のターゲットにされやすいです。

発行株式数が少ない

発行済み株式が少ないと、買い占めがやりやすくなります。

より多くの株を集めたいと考える仕手筋にとって、買い占めが楽にできる「発行済株式が少ない銘柄」は恰好のターゲット。

発行済み株式が少ないというのは、6,000万株が1つの目安とされているようです。

仕手株の見分け方

仕手株の特徴を踏まえたうえで、具体的にどうやって仕手株を見分けたらいいのか解説します。

株価上昇ランキングに急浮上した銘柄に注意

株の情報サイトや証券会社が提供している「株価上昇ランキング」で上位に急浮上した銘柄には注意です。

値上がり率ランキング

特に買われる理由がないのに株価が高騰していたら、仕手株になっている可能性があります。また仕手株の特徴に当てはまる場合、仕手株である可能性はさらに高まります。

株情報サイトや決算情報を見て「何も理由がないのに急激に株価上昇していないか?」を調べておきましょう。

過去のチャートで「理由なき急騰」を繰り返している

いちど仕手株化した銘柄は、その後も仕手株として狙われる傾向があります。

過去のチャートを見てみると、出来高の急増・理由なき急騰・急落など仕手株特有の動きを見せることがあります。

銘柄を調べる際に、仕手株にありがちな不自然なチャートになっていないか確認しておきましょう。

投資インフルエンサーが言及している銘柄かチェック

投資インフルエンサーの中には、仕手筋や宣伝役を担う人もいます。

「○○さんがおすすめの銘柄って言ってるから、自分も買おう」

という風に、影響力の強い人の発言によって買いが促されることがあります。

近年ツイッターやYoutube、会員制サロンなどを中心に、投資系インフルエンサーは増えています。

もちろん投資インフルエンサーが言及しているからといって仕手株化するとは限りませんが、特定の銘柄を何度も喧伝している場合は注意が必要です。

SNSで銘柄名を検索してみて、投資インフルエンサーや周りの反応を確認してみましょう。

仕手株の事例と一覧

過去に仕手株と噂された銘柄について見ていきましょう。

アンジェス(4563)

アンジェス(4563)は有名な投資インフルエンサー「ウルフ村田」によって「株価が吊り上げられてる?」という疑惑が出ている銘柄です。

2017年6月、ウルフ村田が何度かアンジェスが上げるというツイートを行い、そのタイミングに合わせるように株価が暴騰しはじめます。

2017年7月20日、ウルフ村田が「(アンジェスの)株価1000円いかなければ引退」と発言。

7月26日「超デカいIR出るに決まっている。金曜の大引けに保有」「1000円まで保証する」発言のあと、884円で株価はピークをつけます。

アンジェス

週明け7月31日、アンジェスは開発プロジェクトの中止と特別損失計上に関するお知らせを発表。株価は32%減。

アンジェスの急騰・急落劇からは、特定の銘柄について何度も言及を繰り返す投資インフルエンサーの存在を確認できます。

なお2017年以後もアンジェスは急騰と暴落を繰り返しています。

ニチダイ(6467)

ニチダイ(6467)は株価の不正操作で逮捕者まで出た仕手株です。

2018年1月中旬まで600円台で推移していたニチダイ(6467)は「トンピン」と名乗る相場師、山田亨被告の「どれもこれも暴落のサインが出てるよ! 俺は買うけどね!!」というつぶやきから一気に株価を上げました。

ニチダイ(6467)のチャート

2018年3月16日には、ニチダイの株価は3980円に上昇。

トンピンの提出したニチダイ(6467)の大量保有報告書からは、以下の流れで売買していたことが分かります。

・2017年2月 株価600円台で買付
・2018年2月 6営業日で一気に50万円以上買付け
・2018年3月 3045円で売却

この取引だけでも利益は10億円以上にも上ります。

ニチダイの株価不正操作で逮捕されたトンピンは、投資家の間で非常に有名な人物でした。

トンピンが手掛ける株は「トンピン銘柄」と呼ばれ、個人投資家が後追いでその銘柄を買うだけで5%、10%と上がるほどだったといいます。

2022年5月、トンピンはツイッターにて復活。

トンピンが復活してから言及しているマツモト(7901)の株価は、ひと月で7倍近く上昇をしています。

マツモト(7901)のチャート

マツモトの株価上昇にトンピンが関係しているかは定かではありませんが、驚くべき短期急騰です。

土屋ホールディングス(1840)

土屋ホールディングス(1840)は「株価200円未満の低位株」であるため、仕手株のターゲットにされやすい特徴を持つ銘柄です。

2022年8月上旬、仕手株らしい動きがありました。

土屋ホールディングス(1840)のチャート

好材料となる発表が出ていない中、数ヶ月動きの乏しかったであった株価がじわじわと上がりはじめます。

株価上昇の後半には出来高も伴いだし、最後に一気に上昇→急落。

仕手株のお手本のような動きとチャート形状をしています。

仕手株の常連銘柄

仕手株と調べると、下記のような銘柄が常連銘柄として挙げられています。

コード 銘柄名 株価 時価総額 出来高 発行済み株式数
2134 燦キャピタル 23 26.0億円 532,600 113,194,584
2338 ウェッジホールディングス 124 44.4億円 1,020,000 35,794,478
3807 フィスコ 157 71.9億円 62,500 45,776,722
9424 日本通信 227 375億円 2,752,600 165,009,239
2323 fonfun 352 11.9億円 9100 3,380,920
3825 リミックスポイント 476 584億円 2,835,800 122,668,300
4165 プレイド 647 250億円 11,080,100 38,595,900
2667 イメージワン 762 82.3億円 373,500 10,803,600
7078 INCLUSIVE 1340 130億円 2,952,200 9,681,789
6898 トミタ電機 7760 63.4億円 230,400 816,979

いずれの銘柄も株価が安かったり、出来高が少なかったりと仕手株のターゲットになりやすい特徴があります。

また「恐るべき注目銘柄株速報」というサイトでは、2chの株式情報板で騒がれている“仕手株の疑いがある銘柄”が挙げられています。

注目度に応じてランキング付けされるためか、「仕手株の疑惑がある銘柄トップ10」として投資家から認識されることもあるようです。

仕手株のデメリット・リスク

仕手株は大儲けを狙える反面、リスクも大きい投資先です。

どのようなデメリットやリスクがあるのか確認しておきましょう。

高値掴みしてしまう可能性がある

仕手筋は株を仕込んだ後、急激に株価を上昇させます。

一般投資家の目に留まる「株価上昇ランキング」に仕手株が出てくるのは、まさにこの時です。

株価上昇ランキングに入ってくるタイミングで買うと、高値掴みしてしまう可能性があります。最悪、次のタイミングには仕手筋は売り抜けて、株価急落してしまいます。

一般投資家が仕手株に気付くタイミングは、既に株価が上限まで上がっているケースがほとんどです。

買うタイミングが適切かどうかを、売買の前によく検討しておきましょう。

いつ株価上昇するかが分からない

仕手株はいつ株価が高騰するかが分かりません。

株価上昇前の仕手株になりやすそうな銘柄を見つけて、先に仕込んでおいたとしても、株価をいつ上げるかは仕手筋次第です。

仕手株の確証があるならまだマシですが、本当に仕手株かどうかわからない状態で持ち続けると資金効率が悪くなります。

好きな時に売買できない

仕手株は特別な理由もなく暴騰や暴落を繰り返すため、通常の売買取引が成立しにくくなります。

仕手筋が間に入って需給をコントロールしているときは、売買が成立しますが、仕手筋が抜けると悲惨です。

特に仕手株の最終局面である「株価急落」に入ると、ホルダー全員が売り抜けようと殺到します。結果、売買が成立しなくなり、売り抜けることすら難しくなってしまいます。

仕手株のメリット・魅力

仕手株には様々なリスクがあるため、昔から「仕手株には手を出すな」と言われます。

しかし現実には、多くの人が仕手株に魅入られて投資をしています。

仕手株には「大幅な株価上昇」「短期で利益が出る」という魔性の魅力が存在するからです。

大幅な株価上昇が見込める

仕手株は株価が3倍にも10倍にも上がるため、1度の取引で莫大な利益が見込めます。

株価が安い時に買い付けておけば、仕手筋とほかの個人投資家の後押しを受けて資産を大きく増やすことができます。

仕手株の魅力1

短期間で利益が出る

仕手株は株価が急上昇したあと急落します。

ほんの数日~1ヵ月ほどで株価上昇するので、上昇する直前を狙って投資できれば、短期間での利益を狙えます。

仕手株の魅力2

仕手株で稼ぐためには?

仕手株には様々なリスクがありますが、「どうしても仕手株をやってみたい」と思う人のために、仕手株で稼ぐための情報を提供している人物やサイトを紹介します。

仕手株待ち伏せ法

投資系Youtuberの「タカニキ」は、個人投資家でも仕手株で儲ける「仕手株待ち伏せ法」というやり方を考案しています。

仕手株待ち伏せ法のポイントは以下の通り。
・月足チャートを見て「材料なしで急騰」している形跡が何度もある銘柄を探す
・次の急騰前に買っておいて持ち続ける

特に業績がずっと赤字で、定期的に「急騰→下落」を繰り返している銘柄は見込みがあります。

急騰したらすぐに売って、ふるい落としに巻き込まれないように注意が必要です。

仕手株について理解を深める

仕手株で利益を得るためには、仕手筋の考えや行動原理を理解する必要があります。

そんな仕手筋の動きや仕手株の研究をしているのが、中川圭介です。

中川圭介は日本の経営アドバイザー・経済アナリスト。「仕手株でしっかり儲ける投資術」という仕手株を用いた投資法の解説本も出しています。

ネットには仕手株の情報をまとめたサイトもあります。

・仕手株.コム
https://xn--7mq578b3ie.xn--tckwe/

・仕手株まとめサイト
https://sitekabu.net/

・恐るべき注目銘柄株情報
https://kabu-sokuhou.com/

なお情報の真偽については、自己責任のうえでお願いします。

仕手株の総括

仕手株は株価が操縦されている可能性があり、投資初心者が手を出すのは危険です。

しかし仕手株には短期的に大きな利益を狙える魅力があります。上手く活用すれば資産を一気に増やせるのも事実。

もし仕手株を狙う場合は、情報収集を怠らないようにしておきましょう。

もちろん仕手株以外にもハイリターンを望める投資手法はあります。

最近はAIが高騰期待の銘柄を教えてくれる「グローイングAIのような銘柄選定ロボが人気を博しています。

他のやり方も検討してみると資産形成の幅が広がるでしょう。


最先端銘柄選定ロボ

<利益を出すならココ!!>
ワールドストックチョイス
 米国市場と日本市場を解析するAI
 大化け米国株の早期発見でユーザー評価◎
⇒ワールドストックチョイスの記事を確認


グローイングAI
 爆発的な高騰銘柄を選別するAI
 最大株価上昇率1951.9%を達成
⇒グローイングAIの記事を確認


話題株セレクト
 期待のテーマ株を自動でセレクト
 相場に左右されずに勝率8割を記録
⇒話題株セレクトの記事を確認



口コミ投稿フォーム

口コミ投稿フォーム

口コミ投稿内容
お名前


『仕手株』の口コミ

投稿者:名無し

たしかに、仕手株は稼げるから個人投資家にピッタリなんだよね。宝くじを買うよりは稼げる可能性は高いと思う。


投稿者:名無し

仕手株全盛期きてる。稼げればいいんだよ、稼げれば。みんなもそれが本音なんでしょ?


投稿者:名無し

仕手株は一攫千金が狙える。正直、個人投資家が一発逆転するなら仕手株とかテーマ株とか、一気に株価上昇する銘柄に投資しないとキツイ気がする。


投稿者:名無し

たしかにトンピン氏の復活で市場が活気づいた感じはある。またトンピン相場に乗っかってみるのもアリかな


投稿者:名無し

仕手株の見分け方知りたかったんでちょうどいい記事でした。


投稿者:名無し

仕手株に手を出すなと言われる反面、狙ってみたくなる魅力もわかるわ…。余剰資金でやるのが良き


投稿者:名無し

ト〇ピンさんが復活したので、仕手株全盛期がまたきそう


投稿者:名無し

仕手株の魔性の魅力に気が付いてしまいましたか・・・。一度ハマったら抜け出せないですよ。上手く相乗りできて爆益になった時なんか脳汁ドバドバです


投稿者:名無し

大きく稼げるのは「仕手株」っていうのは完全に同意!株の世界は勝てば官軍負ければ賊軍。自分は仕手株で大儲けしたのをきっかけに運用資金増やしたもん(笑)