最新更新日:2022年05月28日に更新しました!
「株予想会社、株式投資助言、投資顧問、株予想サイトの口コミや評判を徹底検証し評価します!」
検証済みの株サイト数:2132 現在頂いた口コミの数:37251

『クリーンエネルギー 米国株』の会社情報と評価

検証中logo画像

クリーンエネルギー 米国株 クリーンエネルギーは米国で注目の株式テーマ。2022年度の動向と今後の展望を解説。おすすめ銘柄を紹介すると共にクリーンエネルギー銘柄に投資する時のポイントを紹介します。 /simg/02122.jpg

クリーンエネルギー 米国株

会社名: 株予想サイト比較NAVI
電話番号:
メール:
住所:
IPアドレス:
口コミ件数: 0件 →口コミを見る←

最先端の銘柄選定ロボの性能をPICK UP!!

虫眼鏡枠画像 PickUp内画像



▼ 至高の銘柄を選定するAI ▼
新世代AIが国内市場全銘柄を分析!
不透明な相場でも卓越した性能を発揮
株価7倍、3倍銘柄の予測が次々に的中
「地合い関係なく勝てる」と投資家から評判


『クリーンエネルギー 米国株』の検証結果

  1. クリーンエネルギーは息が長く続く投資テーマ

  2. クリーンエネルギーは2022年以降さらに盛り上がりを見せる株式テーマです。

    電気自動車販売の「テスラ」の株価は2020年から2022年にかけて17倍に上昇。あっという間に世界トップ企業の仲間入りを果たしました。

    クリーンエネルギーは世界的な脱炭素化の流れから元々注目を集めていたテーマですが、今後その動きは加速化します。

    2022年は露ウクライナ戦争勃発に伴う各国のエネルギー需給が問題となり、石油・天然ガスなどの価格は高騰の見通し。一般家庭にも多大な影響を与えることから「クリーンエネルギー」に対する注目度は増す一方です。

    地球に住んでいる人類にとって「永遠のテーマ」ともいえるクリーンエネルギー。

    本記事ではクリーンエネルギーの市場動向と将来性を解説。おすすめのクリーンエネルギー関連銘柄(米国)を紹介します。


  3. クリーンエネルギーとは

  4. クリーンエネルギーとは地球温暖化の原因と言われる二酸化炭素(CO2)や環境に対する汚染物質(硫黄色酸化物(SOx)など)を排出しない、もしくは排出したとしても問題にならないほど少量エネルギーのことをいいます。

    代表的なのは太陽光、風力、水力などの自然を利用して作りだした電力です。ほかにもLNG(液化天然ガス)や水素、アンモニアなどから生み出されるエネルギーもクリーンエネルギーと言われます。

    クリーンエネルギー関連銘柄とは、それらエネルギーに関連する事業を行なっている銘柄群のこと。

    米国では脱炭素を目的としたクリーンエネルギー事業に巨額の資金が入ってきており、クリーンエネルギーの関連銘柄は投資家の間でも盛り上がりを見せています。

    米国は2050年までに温室効果ガスの排出が正味「0」である、カーボンニュートラルの実現を目標に掲げており、2035年までに電力部門の100%クリーンエネルギー化を目指しています。

    バイデン大統領は2020年夏にクリーンエネルギーを活用したインフラや交通、コミュニティの開発に対して4年間で2兆ドルの投資を決断しました。

    さらに2021年10月には、気候変動対策として5,550億ドルのクリーンエネルギー財政出動計画を出しています。


  5. クリーンエネルギーの動向

  6. クリーンエネルギーに関する施策は世界中で進められています。

    アメリカ環境保護庁(EPA)では、2021年12月に「連邦持続可能性計画」を発表。今後の連邦政府のクリーンエネルギー化について以下のような具体的な道筋を示しています。

    ▼アメリカの脱炭素化に伴うクリーンエネルギーの施策
    ・2030年までに連邦政府の全消費電力を炭素排出ゼロ電源によるものとし、その2分の1以上を地域内電源から調達する
    ・2027年までに新規購入小型車のすべて、2035年までに新規購入車両のすべてをゼロ排出車とする
    ・内包排出量(製造・廃棄等で生じる排出量)の少ない建設資材を利用するなどして、2050年までに調達活動による排出を実質ゼロとする
    ・連邦政府所有建造物からの排出を2032年までに50%削減、2045年までに実質ゼロとする
    ・連邦政府の運営による排出を2030年までに65%削減、2050年までに実質ゼロにする

    アメリカではすでにクリーンエネルギーを重要課題として認識し動き出しており、世界においてもウクライナロシア危機が起こったことでエネルギーの安定確保が求められています。

    自国だけでエネルギーを賄えないEUや日本ではエネルギー確保は喫緊の課題です。EU及び日本ではエネルギーコストの上昇を意識せざるを得ない状態となりました。

    そこでエネルギー供給をロシアに頼らずに済む「脱ロシア」への移行が求められています。

    EU連合では2022年3月に発表したREPowerEU制作において、エネルギー効率の向上や自然エネルギーの導入拡大による2027年までの脱ロシア、そして脱化石燃料の加速化を表明しています。

    日本では2022年4月に岸田総理が会見したように「再エネ、原子力などエネルギー安保及び脱炭素の効果の高い電源の最大限の活用」としてエネルギー安定供給確保に万全を期し、その上で脱炭素の取組を加速させる意向を示しています。

    ▼日本での脱炭素化に伴うクリーンエネルギーの確保(※)
    ・住宅・建築物の省エネ規制の強化
    ・原子力の研究開発の取組 サプライチェーンの強化
    ・カーボンニュートラルコンビナートの構築推進
    ・カーボンリサイクルの 技術開発や実用化の推進

    クリーンエネルギーの動向は株価に大きな影響を与えます。

    例えば、テスラでは会社として、世界の化石燃料への依存に終止符を打ち、ゼロエミッション社会への移行を加速することでより良い未来を実現したいと考えており、エネルギー貯蔵や太陽光発電事業にも携わっています。

    テスラが自動車メーカーとして、世界のトヨタすら圧倒する株価と上昇を見せているのは、これらが完全に米国の政策の方向性と一致しているからといえるでしょう。

    一般財団法人環境イノベーション情報機構
    経済産業省クリーンエネルギー戦略の策定に向けた検討①


  7. クリーンエネルギーの将来性

  8. クリーンエネルギー分野の世界全体の投資額は約1.2兆ドルから2030年には約4.3兆ドルまで増加する見通しがあります。

    うち日本の投資額は約4.8兆円から16.6兆円に増加する見込み。

    2021年5月にIEA(国際エネルギー機関)が、世界のエネルギー部門の2050年までの脱炭素化・CO2排出ネットゼロの達成のために必要なアクションを可視化した「IEAロードマップ」を発表しています。

    クリーンエネルギー戦略の策定に向けた検討(経済産業省)
    引用元:経済産業省クリーンエネルギー戦略の策定に向けた検討

    パリ協定で成立した努力目標「世界の平均気温上昇を1.5℃に抑える」を実現させるためには、2050年には脱炭素化しなければならないということが分かっています。

    2050年までにCO2(二酸化炭素)を排出実質ゼロにするためには、クリーンエネルギーは必要不可欠な存在

    既存のエネルギー需給システムに比べてクリーンエネルギーは設備・燃料双方でコストが上昇しますが、地球の温暖化を食い止めるためにもクリーンエネルギーへの移行を行う意向は世界でも強いです。

    日本においてもはクリーンエネルギーに関して官民一体となった取り組みが求められています。

    クリーンエネルギーは世界各国の重大な課題であり、長期的なスパンで問題解決を求められているテーマです。

    息が長く続く国策テーマになるのは間違いありません。

    またテーマ性の高い銘柄は短期間で株価高騰することもよくあります。

    話題株セレクトというテーマ株に特化した銘柄選定サービスは、EV向けの充電器開発やサービスを手掛ける「ENECHANGE」を抽出し+49%の高騰を当てていました。

    『ENECHANGEについてはもう書き込んでも良いですよね?1111円(3月1日)→1666円(3月3日)さすがに3営業日で50%上昇は恐れ入りました』
    引用元:話題株セレクトの口コミ

    国策の後押しを受けるクリーンエネルギー関連銘柄は「稼げるテーマ」としての期待も高いでしょう。


  9. おすすめの米国クリーンエネルギー銘柄3つ

  10. 世界をリードする米国からクリーンエネルギー関連で画期的な企業が誕生する可能性は高いです。

    注目しておきたいおすすめの米国クリーンエネルギー関連銘柄を紹介します。

    ①テスラ(TSLA)

    日本では電気自動車(EV)メーカーとして有名なテスラですが、実はクリーンエネルギーにも力を入れている企業でもあります。

    家庭内でエネルギー貯蔵ができるシステムや太陽光発電事業も行なっています。

    CEOのイーロン・マスクは「テスラ社のエネルギー貯蔵や太陽光発電製品だけを使って、全ての家庭を分散型発電所にし、エネルギーの生成や保存ができるようにしたい」と考えているとのこと。

    各家庭でエネルギーを創出する取り組みはアメリカ環境保護庁(EPA)が2021年12月に発表した「連邦持続可能性計画」内の道筋にもあります。

    今後さらに高騰するエネルギー価格も合わせて追い風となり伸びていく事業といえるでしょう。


    ②エンフェーズ・エナジー(ENPH)

    エンフェーズ・エナジーは太陽エネルギー機器メーカーです。ソーラーパネルに組み込まれるマイクロインバーターを作っているほか、家庭用・商業用の太陽光および貯蔵ソリューションを提供しています。

    エンフェーズ・エナジーはクリーン・エネルギー関連のETFで最も時価総額が大きい「iシェアーズ グローバル・クリーンエネルギー ETF」に組み入れられており、組み入れ順位も一番大きい注目のクリーンエネルギー会社です。


    ③ブルックフィールド・リニューアブル(BEPC)

    ブルックフィールド・リニューアブルは再生可能エネルギーに特化したカナダの電力会社で、クリーンエネルギー業界では圧倒的な地位を築いています。

    同社では、水力発電、風力発電、太陽光発電、分散型電源、貯蔵を取り扱っており、北南米、欧州、アジアと世界中に設備を所有、運営しています。

    クリーンエネルギーへの移行は先進国、途上国関係なく全世界の共通した目標となっており、全世界に設備を所有する同社は各国の政策の流れを受けながら、拡大してくものと思われます。


  11. クリーンエネルギー関連銘柄に投資する際のポイント

  12. クリーンエネルギー関連銘柄に投資する時のポイントは3つ。

    ①各国のクリーンエネルギー政策を確認
    ②S&Pクリーン・エネルギー指数で市場動向を把握
    ③自然災害リスクを考慮に入れる

    各国によって異なるエネルギー政策を把握すること、クリーンエネルギーの市場動向などを念頭入れておくことで投資の成功率は高まります。


    ①各国のクリーンエネルギー政策を確認

    「パリ協定」で掲げられた地球温暖化対策における目標は全世界共通ですが、それを達成するための方法は各国それぞれの置かれている環境によって異なります。

    クリーンエネルギー関連銘柄に投資する際には、どんなエネルギー政策を掲げているのかを確認する必要があります。

    例えば日本ではエネルギー安全保障(安定供給)・脱炭素化の政策の方向性として、

    ・住宅・建築物の省エネ規制の強化
    ・原子力の研究開発の取組 サプライチェーンの強化
    ・カーボンニュートラルコンビナートの構築推進
    ・カーボンリサイクルの 技術開実用化の推進

    などを打ち出しており、どこに国策としての投資が集中するかわかるようになっています。

    同じクリーンエネルギー関連銘柄であっても、国策として投資が集中する業界とそうでない業界があるため、投資が集中する業界の銘柄に絞っていくとよいでしょう。


    ②S&Pクリーン・エネルギー指数で市場動向を把握

    世界中で取り組んでいるクリーンエネルギーに対する施策ですが、その全容を把握するのは困難です。

    しかし「S&Pクリーンエネルギー指数」を見れば、クリーンエネルギーの世界的なトレンドを確認できます。

    S&Pクリーンエネルギー指数
    引用元:S&PDowJones

    S&Pグローバル・クリーンエネルギー(S&P Global Clean Energy Index Net Total Return)は、S&P社が提供するグローバル株価指数です。世界のクリーンエネルギー業界の中から、業界を代表する流動性と市場性が高いグローバル企業が対象となっています。

    S&Pグローバル・クリーンエネルギーを見ることで業界が上昇トレンドなのか下落トレンドなのかなど、基本的な市場の方向性を確認できます。


    ③自然災害リスクを考慮に入れる

    太陽光発電や風力発電など自然の力で発電するものは、自然災害のリスクと常に隣り合わせです。

    太陽光発電であれば風嵐や砂嵐、山火事など、ひとたび自然災害が起こると投資した大規模設備が使い物にならなくなり、再建に時間がかかるというようなものです。

    このように自然の力で発電する事業は、常にその事業を根本から揺るがすリスクにさらされていることも念頭に入れておく必要があります。


  13. クリーンエネルギーに投資するETF「iシェアーズ グローバル・クリーンエネルギー」

  14. iシェアーズ グローバル・クリーンエネルギー ETFは、クリーンエネルギー業界の複数企業にまとめて投資できるETFです。

    「iシェアーズ グローバル・クリーンエネルギー ETF」の価格は、バイデン氏が2020年夏にクリーンエネルギーのインフラなどに4年間で2兆ドルを投資することを発表したことから上げ始め、当選確定となった12月にさらに上昇、ピークとなります。

    その後一旦落ち着きますが、2021年10月には、気候変動対策として5,550億ドルのクリーンエネルギー財政出動計画が出されたことを受けて再度上昇。

    最近ではロシアのウクライナ侵攻を受けて、エネルギーの脱ロシアが声高に言われるようになり、クリーンエネルギーへの移行に拍車がかかったことから再度上昇を見せています。

    ▼iシェアーズ グローバル・クリーンエネルギーETFの組み入れ上位10銘柄

    ティッカー 銘柄名 事業内容 組み入れ比率
    ENPHENPHASE ENERGY INC米国太陽光発電機器メーカー6.94
    EDCONSOLIDATED EDISON INC米国エネルギー事業6.68
    SEDGSOLAREDGE TECHNOLOGIES INC米国太陽光発電会社6.57
    VWSVESTAS WIND SYSTEMSデンマーク風力発電機メーカー6.17
    PLUGPLUG POWER INC米国燃料電池メーカー5.91
    ORSTEDORSTEDデンマーク風力発電会社4.26
    FSLRFIRST SOLAR INC米国太陽光発電事業3.61
    968XINYI SOLAR HOLDINGS LTD中国太陽光発電会社3.22
    EDPEDP ENERGIAS DE PORTUGAL SAポルトガルエネルギー企業2.88
    RUNSUNRUN INC米国太陽光エネルギー供給事業2.11
    「iシェアーズ グローバル・クリーンエネルギー ETF」運用報告書では、決算期ごとの運用成果や投資環境、これからの運用方針を見れます。

    運用報告書を読めばファンドマネージャーがどのような考えの元でクリーンエネルギー関連銘柄を運用をしているのか分かるので参考にしてみるのはおすすめ。

    クリーンエネルギーに限らず、テーマ性を持った銘柄への集中投資でETF以上のリターンを出している「話題株セレクトというサービスもあるので、期待のテーマ株を知りたい方は併せて確認して見ると良いでしょう。

最先端銘柄選定ロボ

<利益を出すならココ!!>
グローイングAI
 爆発的高騰銘柄を選別するAI!
 最大株価上昇率1951.9%の衝撃。
 至高の銘柄を次々に輩出!
⇒グローイングAIの記事を確認


話題株セレクト
 短期急騰テーマ株を多数選定!
 不透明感高まる相場で勝率8割を記録!
⇒話題株セレクトの記事を確認


ワールドストックチョイス
 米国株・日本株の二刀流で稼ぐ新たなアプローチ
 大化け株の早期発見で人気沸騰中!
⇒ワールドストックチョイスの記事を確認


口コミ投稿フォーム

お名前
口コミ投稿内容


『クリーンエネルギー 米国株』の口コミ