最新更新日:2021年10月28日に更新しました!
「株予想会社、株式投資助言、投資顧問、株予想サイトの口コミや評判を徹底検証し評価します!」
検証済みの株サイト数:2066 現在頂いた口コミの数:31980

『低位株からテンバガーを狙える厳選3銘柄』の会社情報と評価

検証中logo画像

低位株からテンバガーを狙える厳選3銘柄 低位株の中からテンバガー候補を3つ厳選。過去に株価が急上昇した銘柄の傾向を調べたところ、今後に期待できる銘柄の特徴が判明しました。 /simg/02059.jpg

低位株からテンバガーを狙える厳選3銘柄

 

会社名:   株予想サイト比較NAVI
電話番号:  
メール:  
住所:  
IPアドレス:
口コミ件数: 0件 →口コミを見る←

最先端の銘柄選定ロボの性能をPICK UP!!

虫眼鏡枠画像 PickUp内画像



▼▼ 夢のような利益の連続 ▼▼
3700以上の銘柄データ×統計学の融合
株価急騰前の銘柄を事前に察知!
大きな利益を生み出し続ける銘柄選定ロボ
循環物色アナライザーが株式市場を席巻!


『低位株からテンバガーを狙える厳選3銘柄』の検証結果

  1. 低位株からテンバガー!最新の銘柄候補を一挙に紹介

  2. 低位株から誕生する確率が高いテンバガー銘柄

    いま現在の世間からの注目度は薄いかもしれませんが、材料が出ると一気に注目が集まり、驚くべき株価上昇率を叩き出すことがあります。

    テンバガー銘柄を掴むコツは、低位株の中から有望な銘柄をいかに早く見つけ出せるかにかかっています。


    そこで、当サイトでは2021年~2022年にかけてにテンバガーが期待できる低位株を絞り込みました。

    抽出の条件は以下の通りです。

    1.株価500円未満の低位株
    2.時価総額500億円以下
    3.新興市場 (マザーズ、JASDAQ) の銘柄
    4.旬なテーマ、次に注目を集めそうなテーマ
    5.情報・通信、もしくはサービス業


    それではさっそく、テンバガー期待の低位株を理由と共に確認していきましょう!



  3. テンバガー期待の低位株3選


  4. ・<3935>エディア
    ・<4764>Nexus Bank
    ・<6176>ブランジスタ


    <3935>エディア

    エディアのチャート


    株価:405円
    時価総額:27億円
    市場:東証マザーズ
    業種:情報・通信
    テーマ:デジタル関連


    エディアは3つの事業を持っています。

    ・IP事業…オリジナルドラマCD、リアル店舗とのコラボ実施など
    ・出版事業…ライトノベルを中心にした自社オリジナルレーベル作品
    ・BtoB事業…PR用漫画、動画の受託制作

    2018年から赤字が続いていましたが、2021年4半期決算で黒字転換

    電子書籍市場の拡大に伴い、売り上げが伸びました。

    エディアの電子書籍売上
    引用元:エディア 2022年2月期 第1四半期決算説明資料


    2021年7月7日から自社レーベルから初となる「アニメ化」作品も登場。人気作品が増えるごとに、版権ビジネスの売上も伸びることが期待できます。

    エディアは2021年1月の『ダイヤモンドZAI』内で、「テンバガー狙いのデジタル関連株」として紹介された銘柄でもあります。


    <4764>Nexsu Bank

    NexusBankのチャート

    株価:146円
    時価総額:87.2億円
    市場:JASDAQ
    業種:情報・通信
    テーマ:フィンテック、クラウドファンディング

    NexusBankは、キャッシュレス決済や、デジタルバンキング事業など、国内外の様々な金融取引に対してITを駆使したサービスを展開するFintech企業です。

    2020年11月に韓国のJT親愛貯蓄銀行とのM&Aによって、Fintech事業の営業収益が前年同期比90倍と大幅に伸びました。

    NexusBankの説明資料
    引用元:Nexsus Bank 2021年12月期 第2四半期 決算補足説明資料


    2021年12月期2Qは、営業収益109億円、営業利益26.1億円といずれも最高収益・利益で推移。これに伴い業績の上方修正を発表しています。

    営業収益 → 前期比416.2%増
    営業利益 → 前期比832%増
    経常利益 → 前期比875%増


    NexusBankは好決算にもかかわらず、まだ株価に反映されていないお買い得株です。


    <6176>ブランジスタ

    ブランジスタのチャート

    株価:460円
    時価総額:67.1億円
    市場:東証マザーズ
    業種:サービス
    テーマ:電子書籍

    ブランジスタは無料の電子書籍事業を営む企業です。

    無料の電子雑誌「旅色」は、名前通り旅をテーマにしており、各自治体とのタイアップや、広告掲載企業を募ることで売上を出している。

    旅色の利用者数は前年同月比78%アップ。

    ブランジスタの旅色利用者数
    引用元:2021年9月期(株)ブランジスタ第3四半期決算説明資料(PDF:2.3MB)


    アフターコロナで旅行需要が増えた場合、広告掲載を希望するクライアント数は増加する見通しがあります。

    また、今後ブランジスタは業績のV字回復が見込めそうです。

    通期の同利益を従来予想の2億5000万円→3億1500万円(前期は800万円)に26.0%上方修正し、増益率が31倍→39倍に拡大する見通し。

    4-9月期の連結経常損益も、従来予想の700万円の黒字から7200万円の黒字(前年同期は1億8600万円の赤字)に修正され、10倍増額しています。


    アフターコロナ後の黒字転換企業として注目です。


    以上、株価500円未満の低位株の中から「テンバガーの期待高まる3銘柄」を紹介しました。

    今回は株価をメインに銘柄の選別を行ないましたが、株価以外の8つの条件で絞り込んだ「選りすぐりのテンバガー候補」も別記事で用意しました。ぜひ参考にしてみてください。

    テンバガーの期待高まる4銘柄「来年の主役株」を大予想



  5. テンバガーを達成する銘柄は低位株が90%を占める


  6. 2017年以降で1年の間にテンバガーを達成した銘柄は全部で31銘柄。その内の28銘柄が1000円未満の低位株でした。

    テンバガー達成銘柄は低位株に多い


    ■2017~2020年 テンバガーを達成した銘柄の株価
    ・1000円~500円 10銘柄
    ・500円~100円 12銘柄
    ・100円以下の銘柄(超低位株・ボロ株) 6銘柄


    テンバガーが低位株から出る割合は90%

    低位株は株価が安く誰でも投資しやすいため、ニュースや材料で注目を集めると投資家の参入が一気に増えて株価が跳ね上がります。


    2020年にダブルテンバガーを達成した<2191>テラはその典型例。

    テラに新型コロナ治療法開発の材料ニュースが出ると出来高が急増。3月13日時点で92円だった株価は、わずか3ヶ月で最高値2175円まで急上昇しました。

    テラのチャート


    「低位株からテンバガーが生まれやすい」という傾向は、2021年も継続中です。

    2021年9月時点ではまだテンバガー達成銘柄はありませんが、最大8.7倍の株価上昇をした<7078>INCLUSIVE筆頭に、テンバガーに差し迫る銘柄はすでに誕生しています。


    ■2021年 テンバガーに近付いた銘柄
    <3936>グローバルウェイ 9.31倍 安値1,099円* → 高値10,240円
    <7078>INCLUSIVE(インクルーシブ) 8.79倍 安値293円 → 高値2,576円
    <6355>東京機械製作所 6.35倍 安値257円 → 高値1,633円 
    <4582>シンバイオ製薬 6.26倍 安値387円 → 高値2,423円
    <2315>CAICA 5.66倍 安値150円 → 高値850円


    グローバルウェイ以外の銘柄は、いずれも1000円未満の低位株です。

    来る2022年、低位株からテンバガーが誕生する可能性は高いでしょう。


    ↓クリックで開閉できます↓
    2020年 テンバガーを達成した低位株
    <2191>テラ 株価92円 → 株価2,175円 23.6倍
    <4477>BASE 株価774円 → 株価17,240円 22.2倍
    <5337>ダントーHD 株価58円 → 株価1,065円 18.3倍
    <3998>すららネット 株価682円 → 株価9,350円 13.7倍
    <5212>不二硝子 株価330円 → 株価4,100円 12.4倍
    <2150>ケアネット 株価537円 → 株価6,420円 11.9倍
    <3683>サイバーリンクス 株価334円 → 株価3,925円 11.7倍
    <8256>プロルート丸光 株価47円 → 株価538円 11.4倍
    <6400>不二精機 株価150円 → 株価1,670円 11.1倍
    <3962>チェンジ 株価585円 → 株価6,390円 10.9倍
    <4308>Jストリーム 株価638円 → 株価6,840円 10.7倍
    <3542>ベガコーポレーション 株価398円 → 株価4,265円 10.7倍
    <1757>クレアHD 株価19円 → 株価200円 10.5倍
    <3788>GMOグローバルサインHD 株価1,381円 → 株価14,210円 10.2倍
    <7317>松屋アールアンドディ 株価805円 → 株価8270円 10.2倍
    2019年 テンバガーを達成した低位株
    <6096>レアジョブ 株価217円 → 株価3,125円 14.4倍
    <6195>ホープ 株価900円 → 株価10,140円 11.2倍
    <8894>REVLUTION 株価8円 → 株価84円 10.5倍
    2018年 テンバガーを達成した低位株
    <9820>エムティジェネックス 株価1,972円 → 株価45,950円 23.3倍
    <3906>ALBERT 株価1,200円 → 株価16,730円 13.9倍
    <3808>オウケイウェイブ 株価600円 → 株価8,060円 13.4倍
    <2164>地域新聞社 株価431円 → 株価5,000円 11.6倍
    <6033>エクストリーム 株価610円 → 株価6,290円 10.3倍
    2017年 テンバガーを達成した低位株
    <3810>サイバーステップ 安値375→ 高値7,485 19.9倍
    <3053>ペッパーフード 安値586→ 高値7,840 13.3倍
    <2722>アイケイ 安値251→ 高値3,150 12.5倍
    <2930>北の達人 安値42→ 高値495 11.7倍
    <3825>リミックスポイント 安値144→ 高値1,675 11.6倍
    <2351>ASJ 安値334→ 高値3,700 11.0倍
    <3185>夢展望 安値229→ 高値2,500 10.9倍
    <8023>大興電子通信 安値180→ 高値1,843 10.2倍




  7. 低位株からテンバガーが生まれやすいヒミツは株価上昇率にある

  8. 低位株はわずかな値動きでも株価上昇率が高くなります。

    何年もかけてテンバガーを達成する銘柄は広く見られますが、短期的にテンバガーを達成する銘柄に低位株が多いのは、投資家から買いが集まった時の値上がり幅が大きくなるからです。


    例えば、株価1万円の銘柄は100万円の投資で100株保有できます。

    100円上昇した場合、1%の上昇率、得られる利益は1万円。


    株価500円の銘柄は100万円の投資で2000株保有が可能。

    100円上昇した場合、20%の上昇率となり、得られる利益は20万円となります。


    値上がりした数字は一緒ですが、株価上昇率は低位株の方が大きいことが分かります。

    10000円の銘柄がテンバガーになるためには、90万円値上がりする必要があります。

    しかし、500円の低位株であれば、4500円の値上がりだけでテンバガー達成。


    これがトヨタ、ソフトバンクなど有名かつ時価総額も高い企業だと、簡単に株価が跳ね上がることはそうそうありません。

    しかし、低位株であれば短期間で数千円値上がりすることは起こりえます。

    低位株は株価上昇率の幅が、他の銘柄に比べて桁違いなのです。



  9. テンバガーを達成した低位株の5つの特徴


  10. 低位株からテンバガーを果たす銘柄を探す際に、注目しておきたいポイントが5つあります。

    1.株価500円未満の低位株
    2.時価総額500億円以下
    3.新興市場 (マザーズ、JASDAQ) の銘柄
    4.旬なテーマ
    5.「情報・通信」と「サービス」業種が多い


    1.株価1000円未満の低位株

    2017年~2020年の間にテンバガーを達成した銘柄の90%が1000円未満の低位株でした。

    テンバガー達成銘柄は低位株に多い


    特に500円以下の銘柄のテンバガー率が高いです。
    低位株は1単元あたりの株価水準が低く、資金の多寡によらず投資が可能。IR発表や業績発表などで注目を集めた際には、投資家が一気に参入してきます。
    買いが多く集まることで、株価は飛躍的に上昇する傾向があります。


    2.時価総額500億円以下

    これまでにテンバガーを達成した銘柄は、時価総額500億円以下のものが多いです。

    テンバガー達成銘柄の時価総額


    ・1000億円以上 2銘柄
    ・1000億~500億円 2銘柄
    ・500億円~100億円 10銘柄
    ・100億円未満 14銘柄


    時価総額は「株価×発行済み株式数」で表され、その会社の規模感を示しているとも取れます。
    つまり、時価総額が低い会社は今後成長の余地が残されているということ。

    時価総額が高い会社はすでに知名度があり、売上や利益を高い水準で上げているため、経営は安定するものの成長は鈍化しがちです。

    一方、時価総額が低い会社はまだ市場に知られていない可能性も高く、売上や利益の面でまだまだ成長余地が見込めます。


    3.新興市場 (マザーズ、JASDAQ) の銘柄

    ここ数年、テンバガーを達成する銘柄は「マザーズ、JASDAQ、名証C」などの新興市場から出る傾向があります。

    テンバガー達成銘柄と市場の関係性


    ・東証1部  7銘柄
    ・東証2部  5銘柄
    ・マザーズ  10銘柄
    ・JASDAQ  5銘柄
    ・その他(名証) 1銘柄


    新興市場には新たな産業や事業を興す会社や、高い成長可能性を持つ企業が上場してきます。

    「DeNA」や「WOWOW」もかつてはマザーズに上場していた銘柄です。

    テンバガーを探すならマザーズ市場は特に狙い目で、唯一4年連続でテンバガーを輩出しています。


    4.旬なテーマ

    テーマ性を持っている低位株は投資家からの注目を浴びやすくなります。
    投資家はニュースや政策発表などから、次に注目を集める銘柄はどれかを予測。

    情報が出た直後に投資家からの買いが一気に入るため、資金流入が急激に増える銘柄が生まれます。


    2020年にテンバガーを達成した銘柄に至っては、コロナウイルス関連銘柄がほとんど。

    ・<2191>テラ 【テーマ】コロナウイルスワクチン
    ・<3998>すららネット 【テーマ】e-ラーニング
    ・<6400>不二精機 【テーマ】コロナウイルスワクチンの金型


    コロナウイルスをきっかけに「リモートワーク」「巣ごもり消費」など、新たに誕生したテーマもありましたね。

    このような社会情勢に乗った銘柄は需要が高まります。

    旬なテーマには国からの支援が行われるものも多く、大量の資金が市場に流れ込むため、事業の成長性も期待できます。


    5.「情報・通信」と「サービス業」が鉄板

    情報・通信とサービス業はテンバガーが期待できる企業が多いです。

    2017~2020年でテンバガーを達成した銘柄の業種を調査したところ、情報通信9銘柄、サービス業6銘柄であることが判明。

    テンバガー銘柄の「約50%」を2業種で占めていました。

    テンバガー達成銘柄と業種の関係性


    「情報・通信」の企業の株価が伸びやすいのは、市場が成長し続けているためです。

    「AI」「ビッグデータ」「5G」「DX(デジタルトランスフォーメーション)」と、次々に技術革新が起こって、成長可能性は留まることを知りません。

    近年、株価が跳ね上がるきっかけになっている「SNSゲーム」の開発企業も情報通信業種に属しているのも要因の一つです。

    「サービス業」もまた人々の生活に影響を与える内容が多く、注目度は高くなります。


    【番外編】 低位株からテンバガーになる銘柄と、上場年数には関連性があるのか?

    上場年数が短い銘柄はテンバガーを達成しやすい傾向にありますが、だからと言って上場年数が長い銘柄がテンバガーを達成しないということはありません。

    2020年は特に顕著で、上場来84年の「不二硝子(5212)」がテンバガーを達成したのが印象的でした。

    テンバガー銘柄と上場経過年数の関係


    まずは上場年数が短い銘柄を探してみるのがいいでしょう。

    ただ、上場年数が長くても成長の可能性を秘めている銘柄を探すために、上場年数が短いだけで候補から落とすのはもったいないです。

    上場年数以外の条件が好条件であれば、ぜひ検討に加えてみてください。


最先端銘柄選定ロボ

<利益を出すならココ!!>
グローイングAI
 爆発的高騰銘柄を選別するAI!
 最大株価上昇率1951.9%の衝撃。
 至高の銘柄を次々に輩出!
⇒グローイングAIの記事を確認


循環物色アナライザー
 多くの投資家から評価される理由は!?
 コスパ最強!他の株ツールとは一線を画す”オンリーワンの魅力”を紹介!
⇒循環物色アナライザーの記事を確認


話題株セレクト
 短期急騰テーマ株を多数選定!?
 株価3倍を超え!BASE(4477)などの”爆騰株”が話題を席巻!
⇒話題株セレクトの記事を確認


口コミ投稿フォーム

お名前
口コミ投稿内容


『低位株からテンバガーを狙える厳選3銘柄』の口コミ