株式情報サイト ビズ(Biz)のメールに詐欺がないか検証

最新更新日:2018年05月26日に更新しました!
「株予想会社、株式投資助言、投資顧問、株予想サイトの口コミや評判を徹底検証しランキング付けします!」
検証済みの株サイト数:1797 現在頂いた口コミの数:37467

株式情報サイト ビズ(Biz)のゴミ箱メール一覧(4 件)


本日のゴミ箱行きメールは「ビズ(Biz)2017/08/22更新)

週明け21日のNY株はダウ29.24ドル高の2万1703.75ドル、ナスダックは3.40ポイント安の6213.13ポイントとマチマチの動きでした。NYSE出来高は7億1350万株と低調。
経済指標や決算の発表がなく、週末のジャクソンホール金融シンポジウムを控えて様子見の1日でした。ダウには、直近2日間の350ドル安に対する押し目買いが入っていましたが、メリルリンチが18日公表した週間データによると、16日までの1週間で株式ファンドから10週ぶり高水準の13億ドルの資金が流出しています。逆にこの間債券ファンドは35億ドルの資金流入となってリスクオフのムードです。

~~~~~一部省略~~~~~

日経平均は下げ渋りをみせており、指数インパクトの大きいところでは東エレク<8035>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、安川電<6506>、トレンド<4704>がしっかりに推移しており、日経平均を下支えしています。薄商いの中でインデックスに絡んだ商いに振られやすい需給状況であるが、値がさの一角が底堅く推移しており、19400円処での推移が続きそうです。

また、日経平均が下げ渋りをみせるなか、マザーズ指数、JASDAQ、東証2部といった個人主体の中小型株物色が散見されている。自律反発の域は脱せないと思いますが、外部環境を睨みながらでの押し目拾いのスタンスとなるでしょう。

筆者アナリスト:綿谷 信之

---------↓管理人の独り言↓---------

先日(2017年8月11日)に取り上げた悪徳投資顧問「ビズ(Biz)」の
ゴミメールでは、他サイトの記事を無断で盗用していることが判明。今回取り上げる「ビズ(Biz)」のゴミメールでも記事盗用が判明。懲りない連中です…。→いつも通りメールの文章をコピーしてGoogleで検索してみると「平野 憲一」というアナリストのブログ記事を丸々盗用していることが判明。しかも、「筆者アナリスト:綿谷 信之」など記載する始末…。もはや“悪徳投資顧問の極み”と言っても過言ではありません。⇒(ビズ(Biz)の記事はコチラから)


本日のゴミ箱行きメールは「ビズ(Biz)2017/08/11更新)

『Biz』運営部です。

本日のマーケットダイジェストを配信致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本日の日本マーケットダイジェスト
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日経平均株価
┗━━━━━━━
始値  19792.45
高値  19829.88(09:15)
安値  19685.83(13:02)
大引け 19729.74(前日比 -8.97 、 -0.05% )

■本日のポイント
┗━━━━━━━
 1.日経平均は小幅ながら3日続落、北朝鮮リスクを警戒
 2.3連休前でポジションを軽くする動きが全体の重しとなる
 3.先物主導で主力株軟調ながら好業績銘柄中心に底堅さ
 4.中小型株の一角が買われ値上がり銘柄数が値下がりを上回る
 5.オプションSQに絡み売買代金は2兆5000億円台まで膨らむ

10日の日経平均は小幅に3日続落。8.97円安の19729.74円(出来高概算19億6000万株)で取引を終えました。引き続き北朝鮮を巡る地政学リスクの高まりが警戒されるものの、日経平均は前日に一時300円を超える下落となった反動もあり、朝方は小幅に上昇して始まりまりました。しかし、…(続きは下記URLからご確認頂けます)

~~~~~以下省略~~~~~

---------↓管理人の独り言↓---------

「株式情報サイト Biz(ビズ)」の運営部から日々配信されてくる
国内のマーケットダイジェストですが、実はこのメルマガに悪徳投資顧問の特徴が潜んでいます。「10日の日経平均は…」で始まる文章をコピーしてGoogleで検索してみると、「投資情報サイト フィスコ」の記事を盗用していることが判明。当サイトの読者様には、こういう“投資顧問のおままごと”に付き合うことなく、きちんと審査をクリアした優良投資顧問を利用して欲しいと心底思います。⇒(ビズ(Biz)の記事はコチラから)


本日のゴミ箱行きメールは「ビズ(Biz)2017/06/17更新)

担当アドバイザーの森沢です。
ご連絡と行き違いになったら申し訳ありません。

朝に貴方さまに「なんでもご質問して頂きたい」という旨のメールを送りましたがお読み頂けましたか?実はご登録直後の会員様からのご質問で多いのが、「なぜ、新規だからといってそこまで優遇してもらえるんですか」というものです。

弊社が他社ではマネのできない新規優遇をさせて頂く理由は明確です。それは、弊社が新規会員の受け入れ時期は年に数度。迎え入れる人数が限られているからこそ、迎え入れた方に投資の意欲があるならば、十分なおもてなしをご用意するというのが弊社の徹底してきた方針だからです。

私自身も同様です。担当させて頂いた以上は、弊社での投資をスタートさせた皆さまと同様、資産を築いて頂きたいという思いがございます。

私事ですが、20年以上前になりますがカナダへ交換留学をしておりました。しかしその当時、1ヶ月経っても、2ヶ月経っても英語が上達せずに悩んでいたんです。

しかしあることがきっかけで、急に話せるようになっていきました。そのきっかけとは「感謝の気持ち」でした。

本当の父親、母親のように接してくれたホストファミリーに感謝の気持ちをちゃんと伝えたい。いつも親身になって支えてくれた先生にありがとうという気持ちをちゃんと伝えたい。ホームシックになりかけた時、傍にいれくれた異国の友人にありがとうの気持ちを伝えたい。

この気持ちが芽生えてから私の語学力は自分でも驚くほど上達していきました。そういった気持ちは今も同様です。確かに大和証券やモルガンに勤めていた頃は、同僚と同様、個人成績を追っていましたが、その先に喜びはありませんでした。

しかし今は、留学した時の気持ちと同様です。自分は二の次、三の次で良い。期待を寄せて登録して下さった方、担当する方の気持ちにお応えしたい、という気持ちで臨んでおります。だからこそ、まだ迷いがあればいくつでもかまいません、いつでも気軽にご連絡頂きたいのです。

疑問でも不安でもかまいません。お手間なら一行でも問題ありませんので、いつでもご連絡下さい。ただ、一点懸念がございます。いま新規の会員様として優遇を受けられるか受けられないかを左右する「初回特別情報」の締め切りが迫っています。

貴方様のほうで既にご検討が完了しているならこの情報だけは「一度だけビズにだまされてやろう」いった気持ちでかまいません。確実にご参加し、利益をお持ち帰り下さいませ。

---------↓管理人の独り言↓----------

「株式情報サイト ビズ(Biz)」が新規会員を優遇する理由に関して、担当アドバイザー「森沢」が説明を行うメルマガです。最大の理由に関して、『新規会員の受け入れ回数が年に数度しかないから』と記載されていますが、このサイトが開設されてまだ3週間しか経過していないので真っ赤な嘘です。「一度だけビズに騙されてやろうという気持ちで利用したら、本当に騙されるのでご注意ください。⇒(ビズ(Biz)の記事はコチラから)


本日のゴミ箱行きメールは「ビズ(Biz)2017/06/13更新)

━───────────────────━
       Biz(ビズ)
━───────────────────━
運営事務局です。

▼直近で株価2倍以上の上昇!お早めにご覧ください。
http://●●●●

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    貴方様は現在の相場で、
「今から騰がる銘柄」が分かりますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実績をご覧頂けばお分かりいただけるように、弊社では、暴落時や下落時期を問わず安定して騰がる銘柄を選び出し、会員様に利益をお届けしています。

それは、弊社の持つ「太い人脈」から情報が常に有用な情報が入ってくるからです。


■慶應出身者・財界との太い人脈
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Bizは、会長が慶應義塾大学の経済研究会として発足後、64年に渡って三田閥の一角として財界への人材の橋渡し役を務めてきました。

【慶應出身の財界人】

・鈴木 茂晴(大和證券グループ本社社長)
・持田昌典(GS日本法人社長)
・豊田章男(トヨタ自動車社長)
・大八木成男(帝人社長)
・新浪 剛史(サントリー社長)
・安藤宏基(日清社長)
・玉塚 元一(ローソン顧問)

弊社ではこのような慶應系財界人の中でも、真っ先に情報を回して下さる方々を「信頼筋」と呼んでいますが、信頼筋から得られる情報は、例えば次のようなものがあります。

「これから巨額の資金が動く兆候」
「暴落の危険性が迫る銘柄の動向」
「まだ一般に出回っていない高騰材料」

つまり、これから大きく株価が動く銘柄の情報であり、それを更に精選することで、非常に高い割合で高騰銘柄を導き出してきました。

もちろん、このような情報は手放しで受け取れるわけではありません。

我々はその代償として、相手方の知らない貴重な情報の提供をしたり、企業同士の橋渡し役を務めるなど相応の便宜を図ってきました。

~~~~~以下省略~~~~~

---------↓管理人の独り言↓---------

6月に突入してからと言うもの、悪徳サイトのオープンラッシュが
止まりません汗 今回ゴミメールとして取り上げる「株式情報サイト ビズ(Biz)」も新たな悪徳サイトで、業界内でもトップクラスの凶暴性を兼ね備えるグループに属する「デイリー(Daily)」と「プラス(Plus)」のサイトデザイン及び法人を使い回した手抜きサイトです…。詐欺被害に遭わない為にもまずは検証記事をご確認下さい。⇒(ビズ(Biz)の記事はコチラから)