最新更新日:2018年08月15日に更新しました!
「株予想会社、株式投資助言、投資顧問、株予想サイトの口コミや評判を徹底検証しランキング付けします!」
検証済みの株サイト数:1848 現在頂いた口コミの数:39565

株トレMAXのゴミ箱メール一覧(1 件)


株トレMAX」の運営会社が破産していた!?(2017/09/25更新)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 [関東財務局長(金商)第586号]
 ─────────────────────────
 設立16年を迎える、投資顧問会社が完全プロデュース!

 ★★★★★平均月利154.63%を達成!★★★★★

 40年以上株式相場の第一線で活躍する
 伝説的トレーナーによる情報配信サービス【株トレMAX】

   ■■情報通りに取引するだけで資産が増える■■

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

※このメールは、過去に【株トレMAX】にご入会頂いた方限定で特別配信しております。
メンバー様以外の方へのメールの転送はお控え頂きますよう、ご理解の程お願い致します。

【株トレMAX】黄瀬です。

今週は銘柄レポートは明日火曜日と金曜日に予定しております。

7月の株式市場はTOPIXで前月末比0.4%、日経平均株価では▼0.5%の上昇、
マザーズ指数は-2.3%の下落となり大型株が比較的堅調な半面、中小型株、新興市場株は軟調となりました。

特に最後の1週間で米国ナスダック指数が下落したことで、
国内ではテクノロジー株や小型株に利食いの売りが出ました。

第1四半期決算を控えていたことも売り先行の動きとなった要因であったと考えられます。

月初の雇用統計が米景気の好調さえお裏付けるものだったことで
為替が円安方向に振れたため輸出関連株が堅調でしたが、
月末にかけて多くの企業が四半期決算発表を控えていたこと、
8月5日には米国で再び雇用統計が発表されること(発表され好調さを再び裏付けました)
などで利食い売りが先行しました。

月間を通じて非常に狭い範囲でのレンジ内の取引が続きました。

日経平均で高値安値の差が500円程度と非常にボラティリティの低い相場でした。

---------↓管理人の独り言↓----------

株トレMAXの販売元「ながら・アセット・マネジメント株式会社」が、2017年7月26日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。それに伴い株トレMAXの販売も終了。…おそらく、破産前に少しでも金を集める為の悪足掻きとして、アフィリエイターにマージンを払って広告し、派手に集客を行っていたのでしょう…。実際に購入した個人投資家には破産に関する説明がきちんと行われていたのか?「ながら・アセット・マネジメント株式会社」に利用された個人投資家達が気の毒で仕方ありません。なお、このような下衆い投資顧問に騙されない為には投資顧問ベストプランナーのような大手投資顧問会社の利用をオススメします。