株式情報サイト INFO(インフォ)のメールに詐欺がないか検証

最新更新日:2018年04月23日に更新しました!
「株予想会社、株式投資助言、投資顧問、株予想サイトの口コミや評判を徹底検証しランキング付けします!」
検証済みの株サイト数:1775 現在頂いた口コミの数:36425

株式情報サイト INFO(インフォ)のゴミ箱メール一覧(2 件)


本日のゴミ箱行きメールは「INFO(インフォ)2018/02/12更新)

お世話になっております。
インフォ情報部です。

今週の日経平均は21382円62銭、前週末比1891円91銭安でした。

金利が高過ぎない、上がっても極めて緩慢で良しとされてきた「適温相場」が、先週末の米雇用統計をきっかけに一気に崩壊してしまった感があります。

業績拡大より金利上昇が勝ってしまった瞬間でしたが、ここまで米国株を始めとした世界の株式が大きく上げていたために、反動を含め当然といえば当然の調整ともいえます。

株式にとっての天敵ともいえる金利をマーケットが強く意識し下げてしまったことで回復には時間を要することになるでしょう。

業績拡大が維持され金利上昇が止まれば長期の上昇基調は維持されます。
日経平均は6日の急落と本日の急落で2万1000円前後まで深く下押しましたが、ともに下ヒゲを引いて下値抵抗力を示すなど、強い下値ポイントとして意識されている様子がうかがえます。

ここはちょうど200日移動平均線やもう少し下には52週移動平均線があり、下げ止まりやすい場所でもあります。
日経平均の1株当たり利益(EPS)は過去最高値を大きく更新しており、足元でPERは13倍程度と割安感も強まっています。

来週も米国株の波乱は続きそうですが、日経平均のここでの下値抵抗力を見ながらという形になりそうです。

~~~~~以下省力~~~~~

---------↓管理人の独り言↓----------

「INFO(インフォ)」から連日届く勧誘メールには50名上の
スタッフが関わった銘柄情報を提供すると記載されていますが、市況メールを見ればその記載が嘘か真かはすぐに分かります。なぜなら、上記の市況メールは「ストック・データバンク」が配信する市況情報を丸々盗用しているからです…。まともなサイトであればこんなボロが出る悪徳行為を働きませんよ。株素人が運営者で、虚偽の告知ばかり行っている証拠です。⇒(INFO(インフォ)の記事はコチラから)


本日のゴミ箱行きメールは「INFO(インフォ)2017/08/03更新)

国民投資経済調査センターの大森です。

協賛金を適用しての情報提供を行って下さる投資情報会社が決定いたしました。

先方から銘柄情報の準備ができ次第ご案内があると聞いております。
その前に他のコンテンツも一部ご覧いただけます。

▼情報提供元「INFO」のページ

http://●●●●

──────────────────
圧倒的な人脈を持つ紹介制投資会社
──────────────────

貴方さまは今回、投資モニターとして協賛金を適用してのご紹介ですので、非常に有利に投資を行っていただけます。

特に今回ご紹介する「INFO」は、完全紹介制として、会社役員の方や一部の資産家の方といった限られた方しか利用できない情報を共有して頂けます。

少人数紹介制であるため、一般投資家には知られていませんが、INFOが持つ資産家ネットワークの資金力は業界内でも別格であり、平均的な投資顧問と比較すれば10倍を超える潤沢な資金ネットワークを保有しています。

このため、彼らが推奨する銘柄には大きく買いが集中することが多く、この3ヵ月で見ても推奨銘柄の高騰率は全国の投資会社中、一位となります。

~~~~~以下省力~~~~~

---------↓管理人の独り言↓----------

国民投資経済調査センター」を名乗る謎の団体が「INFO(インフォ)」という株式情報サイトを紹介しているとのタレコミが管理人のもとに複数届いています。管理人の元にも同様の紹介メルマガが届いていたので至急検証を行った結果、悪徳投資顧問の特徴をほぼ全て網羅していると言っても過言ではない実態が次々と明らかになっています…。この投資顧問、絶対関わっちゃ駄目です。⇒(株式情報サイト INFO(インフォ)の記事はコチラから)