最新更新日:2020年07月09日に更新しました!
「株予想会社、株式投資助言、投資顧問、株予想サイトの口コミや評判を徹底検証し評価します!」
検証済みの株サイト数:2011 現在頂いた口コミの数:53658

『インスタントレード(INSTANTRADE)』の会社情報と評価

インスタントレード(INSTANTRADE) インスタントレード(INSTANTRADE)の口座に入金したお金が出金できないことが評判・口コミから判明。遂に、集団訴訟にまで発展して大問題になりそうな予感。 /simg/01878.jpg

インスタントレード(INSTANTRADE)

https://instan-trade.com/

会社名: JT BRIDGE LIMITED 株予想サイト比較NAVI
電話番号: 記載なし
メール: 記載なし
住所: Suite 309, Capital City Building, Independence Avenue, Victoria, Mahé, Republic of Seychelles
IPアドレス: 137.116.171.226
口コミ件数: 36件 →口コミを見る←

最先端AIツール!!最新実績をPICK UP!!

虫眼鏡枠画像 PickUp内画像



▼AIスクリーニング▼
バックテストの勝率は7割超え…
独自AIが「隠れた有望株」を抽出!!
機関投資家との情報戦を制する…
他のツールと一線を画す“オンリーワンの魅力”とは!?


『インスタントレード(INSTANTRADE)』の検証結果

  1. インスタントレード」の評判を検証してみた。

  2. 『怪しい』という評判が2chや口コミサイトで絶えない「インスタントレード」を利用した投資家から、『口座に入金したお金が出金できない』という、信じられない口コミが複数投稿されてきています。

    実際の口コミがコチラ↓

    ▽投稿者:名無しさん
    退会申請の問い合わせをしただけなのにログインすらできなくなって入金してあった全額普通に取られましたね(笑)

    ▽投稿者:名無しさん
    出金できずに入金していた金全部取られました。Googleに広告が出ていたから信頼して買ったのに、詐欺でした。まさか自分が詐欺に遭うなんて思ってもいませんでした。

    ちなみに、「matoma(マトマ)」という集団訴訟プラットフォームでは、「【集団訴訟に向けて】JT BRIDGE LIMITEDのインスタントレード(INSTANTRADE)について」という“マトマリ”が作られるなど、詐欺被害者が続出していることがよく分かります。

    インスタントレード 集団訴訟

    順調に参加者が集まり、実際に集団訴訟が行われれば、「インスタントレード」に圧力を掛けることができる為、これ以上の詐欺被害者が出ないよう抑制することもできるはず。当サイトでは、集団訴訟に向けて尽力されている方々を陰ながら応援したいと思います。


  3. インスタントレード」の過去実績は嘘だった。

  4. 「インスタントレード」のやり方は非常に簡単。会員専用ページにログインして登録されているFXトレーダーをフォローし、トレードを真似するだけ。初心者でも簡単に稼げると謳っています。

    なお、入会料金や月額料金などは一切掛からず、「インスタントレード」が指定する口座を開設することで、無料でサービスを利用することができるようです。

    登録されているFXトレーダーは、サイト内で「オススメ」「収益額」「損失額」などのランキングごとに紹介されており、2019年10月4日現在でオススメ1位にランクインする「しまむらさん」の勝率は95%にも達しています。

    インスタントレード 過去実績

    当然、利用者はこのランキングを参考にして「しまむらさん」のように勝率の高いトレーダーをフォローするかと思いますが、この過去実績は嘘の可能性が高いのでご注意を。

    なぜなら、詐欺被害者が立ち上げた「【集団訴訟に向けて】JT BRIDGE LIMITEDのインスタントレード(INSTANTRADE)について」では、このように記載されていたからです…↓

    フォローするだけでFXのプロトレーダーの取引をコピー出来る。と謳っているが、これでもプロか?と思うほどの損失。しかしフォローしたトレーダーは勝率100%。

    なんと、勝率100%のFXトレーダーをフォローしたのにも関わらず大損した模様。きっと、口座を開設させること、運用益で稼ぐことが「インスタントレード」の運営者の狙いなので、嘘の過去実績で利用者を釣っているんだと思われます。

    無料で稼げる!真似するだけで稼げる!←こんな旨い話は世の中に無いということです。


  5. インスタントレード」が海外に所在地を置く理由。

  6. 「インスタントレード」の運営を行っているのは「JT BRIDGE LIMITED」という会社で、代表取締役社長を務めているのは「徐大授」という人物です。名前的に中国系の方でしょうか?

    なお、「JT BRIDGE LIMITED」のコーポレートサイトでは、以下の事業内容が紹介されていました。

    ・ECサイト運営/管理
    ・国際貿易/貿易代行
    ・台湾メーカー日本進出の代理及びコンサルティング

    運営者の出身国、事業として営んでいる台湾メーカー日本進出の代理及びコンサルティング等を見ると、国内もしくはアジアで運営を行っている会社なのかなと思いきや、会社の所在地は「セーシェル」という東アフリカに位置するリゾート地でした。

    更に、「JT BRIDGE LIMITED」が保有していると自称している「FSA No.40160 S.T.S.LTD REPUBLIC OF VANUATU」という資格の発行国は「バヌアツ共和国」というオセアニアの国。全く持って理解不能な運営状況を敷いていたのです。

    金融業界には、国内の法律が届かない海外に敢えて会社を構え、国内トレーダーを騙す詐欺業者が少なくないので、それと同類の可能性が高そうですね。


  7. 関東財務局が「インスタントレード」を違法業者に認定。

  8. 「インスタントレード」に対する警告を行ったことが、関東財務局公式サイトで発表されました。理由は無登録で金融商品取引業等を行っていたから。

    インスタントレード 警告

    財務局が発令する警告は、『これ以上、無登録で金融商品取引業等を行っていたら、法的な措置も辞さないから今すぐに辞めなさい』というメッセージ。

    ただ、「インスタントレード」は国内の法律が適用されない海外の会社が運営しているので、現在もバリバリと運営を続けているのが現状です…。

    やはり「インスタントレード」に圧力を掛ける為には、集団訴訟を行うほか無いのかもしれませんね。


  9. インスタントレード」のアプリレビューがステマだった。

  10. 「インスタントレード」の最新情報やお得な情報をいち早く入手できると謳うアプリが存在します。

    「Google Play」には「インスタントレード」をダウンロードしたと思われるユーザーからのレビューが多数投稿されているのですが、星評価は5個、4個がほとんど。内容はペラッペラなものばかりで、不自然としか言いようがありません…。

    どっからどう見ても管理人にはステマとしか思えないですし、皆さんも言われなくても見分けがつくとは思いますが、念のため注意喚起しておきます。


  11. インスタントレード」の検証結果を総括する。

  12. 「インスタントレード」の評判を検証した結果、集団訴訟を募るグループが発足されているほど詐欺被害者が続出していることが判明。

    更に、関東財務局から違法業者に指定されていたりなど、間違っても高評価できない実態が次々と露わになりました。以上の検証を踏まえると、当然ながら当サイトの読者の皆さんに利用をオススメすることはできません。

    金融サイトを利用して投資で稼ぐなら、当サイトで優良認定している「TMJ投資顧問」のように、財務局に登録されている国内の正規業者を利用することをオススメします。


  13. インスタントレード」の広告代理業者から営業がしつこい件について。

  14. ▼2019年12月3日追記

    「インスタントレード」の広告代理を行っていると自称する業者から、営業メールがしつこくて迷惑な件について追記したいと思います。

    広告掲載を依頼してくる業者は「株式会社リゴール」という社名で、担当者は「片瀬」という人物。

    このような営業メールをしつこく送り付けてきます↓

    メール

    なんと、株式会社リゴールの片瀬は、高単価の報酬を払うから評価を捏造して「優良サイト」として掲載するよう依頼してきたのです…。

    悪徳サイトを優良サイトとして紹介するなんて、読者を騙す詐欺行為と変わりありません。それを易々と依頼してくる株式会社リゴールの片瀬は、いかにも悪徳サイトの片棒を担ぐ広告代理業者といった感じですね。

    また、長年精魂込めて「株予想会社比較NAVI」を作り上げた管理人に対する、これ以上ない冒涜。いくらお金を積まれようとも、優良サイトとして掲載することは絶対にありません。

    ちなみに、「株式会社リゴール」のコーポレートサイトにアクセスしようとすると、「株式会社リードオフィス」という会社のコーポレートサイトにリダイレクトされます。

    不審に感じ、国税庁法人番号公表サイトで「株式会社リゴール」が実在する会社なのか調べてみた結果、実在しない会社ということが判明しました。

    検索結果

    つまり、嘘の社名を名乗って営業しているわけです。

    なお、リダイレクト先の「株式会社リードオフィス」が実在する証拠は取れたので、本当の社名を名乗ると何か不都合があるものと思われます。

    検索結果

    もしかしたら、100万円の極小資本しか用意できずに、「ミモザ荘」という賃貸アパートの一室に会社を構える会社とバレたら信頼してもらえないと思って、偽名を名乗ったのかもしれませんね(笑)

    会社情報

    所在地
    ※神奈川県川崎市宮前区東有馬5-11-21 ミモザ荘102

    紹介した通り、「株式会社リードオフィス」は国内に登記する会社です。

    「インスタントレード」は海外に登記しているので訴訟が起こしにくいですが、「株式会社リードオフィス」相手であれば簡単に訴訟を起こすことができます

    集団訴訟プラットフォーム「matoma(マトマ)」に参加されている詐欺被害者の方々は、弁護士に相談の上、「株式会社リードオフィス」への訴訟も視野に入れもいいかもしれませんね。


最先端株ツール

<利益を出すならココ!!>
「AIスクリーニング」が投資家から評価される理由は!? ⇒AIスクリーニングの記事を確認
 他の株ツールとは比較にならない”オンリーワンの魅力”を紹介!投資顧問サイトとの違いとは?


口コミ投稿フォーム

お名前
口コミ投稿内容


『インスタントレード(INSTANTRADE)』の口コミ

投稿者:まつさん

「どれだけ下落してもトレーダーは一切ロスカットしません。なので勝率は異常に高い数字を維持し続けます。それを信用していざフォローすると、実際はロスカット地獄に追い込まれて即退場です。これってどうなの?」

投稿者:名無しさん

「租税回避のついでに詐欺サイト運用してる感じかな」

投稿者:匿名希望さん

「MatoMaは弁護士の先生に全てお任せらしいです。返金交渉や法廷への出廷等はありません。参加して下さる方は被害報告の入力だけで済むかと思います。また、「応援する」と言うのもあります。」

投稿者:名無しさん

「集団訴訟、みんなですれば怖くない」

投稿者:名無しさん

「集団訴訟のプラットフォームです。インスタントレードのグループができていますので、詐欺被害に遭われた方は是非参加してください。」

投稿者:名無しさん

「MatoMaって何ですか?」

投稿者:匿名希望さん

「インスタントレードを後悔・憎んでいる方、是非ともMatoMaへ御参加下さい。」

投稿者:匿名希望さん

「↓の名無しさん、いいとこ突いてますね。先日金融庁に直接問合せたところ「少なくとも日本での登録はされていません」との事。日本での事業展開は違法なんですって。と言うことで、嘘つきであります‼️」

投稿者:名無しさん

「ライセンスってFSA No.40160 S.T.S.LTD REPUBLIC OF VANUATUのこと言ってんのかな?そもそもバヌアツのライセンスをセーシェルの会社が使ってんの?って話。意味不明。そもそもFSA No.40160 S.T.S.LTD REPUBLIC OF VANUATUなんてライセンス存在するのかすら怪しい。」

投稿者:匿名希望さん

「連投失礼します。 以前問合せたインスタントレードからの返答「当サービスでは必要なライセンスを取得しており、記載・運営しております。」「必要なライセンスに関しましてはすべて取得しており、サービス内に記載しております。」 金融庁「海外所在業者であっても、日本居住者のために、又は日本居住者を相手方として、金融商品の取引を行う場合は、原則として、金融商品取引法上の登録が必要です。」 これの事なんでしょうか?」
▶︎もっと口コミを見る