最新更新日:2021年10月28日に更新しました!
「株予想会社、株式投資助言、投資顧問、株予想サイトの口コミや評判を徹底検証し評価します!」
検証済みの株サイト数:2066 現在頂いた口コミの数:31976

『おすすめの低位株』の会社情報と評価

検証中logo画像

おすすめの低位株 低位株の中から、おすすめ銘柄を3つ厳選。テンバガーにも期待できる、有望な銘柄を選別しました。期待できる低位株を選ぶ基準や、スクリーニングの方法も紹介。 /simg/02056.jpg

おすすめの低位株

 

会社名: 無し 株予想サイト比較NAVI
電話番号: 無し
メール: 無し
住所: 無し
IPアドレス: 無し
口コミ件数: 0件 →口コミを見る←

最先端の銘柄選定ロボの性能をPICK UP!!

虫眼鏡枠画像 PickUp内画像



▼▼ 夢のような利益の連続 ▼▼
3700以上の銘柄データ×統計学の融合
株価急騰前の銘柄を事前に察知!
大きな利益を生み出し続ける銘柄選定ロボ
循環物色アナライザーが株式市場を席巻!


『おすすめの低位株』の検証結果

  1. 低位株には「大化け期待のおすすめ銘柄」が沢山


  2. 大化けを果たす銘柄が多く登場する「低位株」。

    過去にテンバガーを達成した銘柄も、株価1000円以下の低位株がほとんどです。

    「BASE」は株価154円から3,448円へ急騰。上昇率は驚異の2138%。

    「すららネット」は株価682円から9,350円と、上昇率1270%の大化けを果たしました。


    資産を一気に増やせる楽しみから、投資家に人気の低位株。

    本記事では、
    ・来期の営業利益予想がプラス
    ・テーマ性がある
    ・時価総額100億円以下
    ・新興市場に上場している

    この4つの基準をクリアした「おすすめの低位株」をご紹介します。



  3. 大化け期待のおすすめ低位株


  4. 今回紹介する「大化け期待のおすすめ低位株」は3つ。

    ①<2488> JTP (JQ)
    ②<9423> フォーバルR (JQ)
    ③<2162> nmsホールディングス

    ①<2488> JTP (JQ)

    JTPのチャート

    JTPの決算

    株価:723円
    時価総額:43.5億円
    PER:15.5倍
    PBR:1.5倍


    JTP(ジャパンサードパーティー)は国内外の企業にシステム開発、運用サポートといったICTソリューションを提供する企業。
    AIソフトの開発も行なっており、2021年5月にはマンダムにAIチャットボットを提供しています。

    JTPの売上高は2018年3月期から4期連続で増収の見通し。通期決算の営業益は2021年3月期+19.7%となる予測です。

    JTPは自己資本比率が60%以上あって倒産のリスクが低い。

    2020年には株価1000円台を突破していますし、PER15.5倍、PBR1.5倍と悪くない数値なんですけどね。
    (※PERは15倍以下、PBRは1.0倍以下が割安株の目安)

    配当利回りも2.9%とそこそこ高め。

    JTPに追い風となるのは、国が力を入れているDX(デジタルトランスフォーメーション)化の流れ。

    DX人材の育成を行なえるJTPは時流に乗った今後の株価上昇に期待できます。

    JTPは値上がり益を狙いつつ、配当益を貰って資産を増やしていく戦略を取っていきたいですね。


    ②<9423> フォーバルR (JQ)

    フォーバルRのチャート

    フォーバルRの決算

    株価:108円
    時価総額:25.7億円
    PER:42.7倍
    PBR:6.46倍


    フォーバルRはオフィス移転支援、その後のサポートを行なう企業。


    フォーバルRの売上高は2015年3月期から7年連続で増加。

    営業利益は2018年3月期から5年連続で増益。

    フォーバルRはコロナ禍においても安定して利益を出せる経営基盤が強みです。

    「オフィス移転支援」という事業は、これからの伸びが期待できる分野。

    リモートワーク導入に伴い、オフィスを移転する企業が実際に動き出すのはこれからです。

    フォーバルRが「オフィス移転特需」を上手く掴めれば、短期的な株価の伸びが期待できます。

    フォーバルRはオフィス全体を抗菌する「デルフィーノ」という施工サービスで、99.9%以上の新型コロナウイルスが減少させる技術を持っています。


    コロナが収束するか不透明であるため、フォーバルRにオフィス移転を依頼する企業は増えそうです。


    ③<2162> nmsホールディングス

    nmsホールディングスのチャート

    nmsホールディングスの決算

    株価:382円
    時価総額:82.6億円
    PER:10.6倍
    PBR:1.36倍


    nmsホールディングスは製造業への人材派遣、請負を行なう企業。

    2022年度3月期の営業益は増益予想。

    注目したい点は経常利益予想が2021年3月期比7.6倍であること。

    その自信もあってか、2022年度は1円増配を行う予定です。


    nmsホールディングスの強みは、DXの導入支援ができる人材を抱えている点。

    AI企業、海外政府、大学などとのネットワークを持っており、顧客のニーズに沿ったDXを提案できるため、パナソニックやソニーなど製造業大手の需要を獲得できています。

    モノがあっても、使いこなせる人がいなければ意味がありません。

    DX人材の需要の高まりに連れて、nmsホールディングスの株価も高まっていくと予想できます。


    大化けに期待できる銘柄を探している方は、「AIが銘柄解析を行うサービス」を参考にすると他にも良い銘柄を見つけられるかもしれません。



  5. 高配当のおすすめ低位株


  6. 今回紹介する「高配当が期待できるおすすめ低位株」は2つ。

    ①<5020> ENEOSホールディングス
    ②<1893> 五洋建設


    当サイトでは、以下の基準で高配当が期待できる低位株を選んでいます。

    ・時価総額が1000億円以上 … 売上高や利益が安定しており、配当を維持する経営基盤ができている企業
    ・予想配当利回り3%以上 … 予想配当利回りが3%以上あれば高配当
    ・配当方向性70%未満 … 配当方向性が100%を超えると、企業の利益以上に配当に回していることになる。70%あれば、投資家と企業のことを考えて配当を組んでいる
    ・来期営業利益がプラス … 稼ぐ力のある企業は、今後も好成績が期待できる

    ①<5020> ENEOSホールディングス

    ENEOSのチャート

    ENEOSの決算

    株価:464円
    時価総額:1.49兆円
    配当利回り:4.7%
    配当性向:62%
    PER:10.6倍
    PBR:0.6倍


    ENEOSは石油製品の精製、販売を行なう企業。
    石油元売り業界では日本トップです。

    ENEOSは「減配しない方針」を第2次中期経営計画(2020-2022年度)で示しています。

    ENEOSの中期経営計画
    引用元:https://www.hd.eneos.co.jp/newsrelease/20200520_02_2011051.pdf

    2020年3月期は赤字決算の中、1円増配。
    無理に配当金を出している訳ではなく、現金は増えていますし、営業利益はすでに赤字から回復しているので問題は無いでしょう。

    ENEOSは時価総額1兆円超の石油業界の最大手。
    減配リスクは低いです。

    ENEOSの配当

    ENEOSの懸念点は石油需要が低下すること。

    脱炭素の流れから「脱石油」に繋がり、今後は再生可能エネルギーに需要が集まるかもしれません。


    その懸念点もあってか、ENEOSは再生可能エネルギーの一つである「水素事業」も営んでいます。

    燃料電池自動車(FCV)用の「水素ステーション」の設置数は、日本国内でENEOSが4割を占有。


    今後は水素事業の今後の伸びにも期待できます。

    5万円以下で手に入れることができ、高配当を得る目的ならピッタリの低位株です。


    ②<1893> 五洋建設

    五洋建設のチャート

    五洋建設の決算

    株価:760円
    時価総額:2166憶円
    配当利回り:3.0%
    配当性向:38%
    PER:10.8倍
    PBR:1.4倍


    五洋建設は湾港や海洋関連の土木事業で国内首位の企業。

    実は五洋建設は2022年3月期予想では、営業益が下がる予定。

    それでも配当は維持し続けています。
    (※21年度の3月期は記念配当5円を含むため、22年度も配当は同水準を維持)


    赤字にも関わらず、なぜ紹介しようと思ったのか。

    それは五洋建設の海上土木事業に関わる「防災減災国土強靭化のための5カ年加速化対策」が2020年12月に閣議決定されたから。

    国は今後5年間にわたって、約15兆円を国土強靭化のために費やす予定。

    国策関連銘柄としての追い風もあり、五洋建設の業績は今後の伸びが期待できます。

    業績が上向けば、増配も行われるかもしれません。



  7. 低位株を見つける方法


  8. 低位株を効率良く見つけるには、スクリーニングツールを使うのが手っ取り早いです。

    ここでは、WEB上で無料で利用できる「トレーダーズウェブのスクリーニングツール」を用いて低位株を抽出してみたいと思います。

    1.トレーダーズウェブのスクリーニングツールにアクセス

    トレーダーズウェブのスクリーニング画面


    2.使用するスクリーニング条件をセットします

    最初は半透明になっていて入力ができませんが、チェックボックスをONにすると、その項目が入力可能になります。
    トレーダーズウェブのスクリーニング設定画面

    【今回スクリーニングで設定する条件】

    ・市場:JARDIN マザーズ
    ・業種:全業種
    ・終値:1000円以下
    ・時価総額:100億円以下
    ・売上高成長率(増収率):20%以上
    ・経常増益率(増益率):15%以上

    3.「実行」をクリック

    すると、スクリーニング条件で絞った銘柄の一覧表が出てきます。

    トレーダーズウェブのスクリーニング結果画面


    4.抽出した低位株について一つずつ見て行く

    トレーダーズウェブの個別銘柄画面

    抽出をしたら、それぞれの低位株について個別に調べていきます。

    企業の公式HPから決算報告書を見る、株探でここ最近のニュースを確認する、ツイッターや掲示板などを覗いてみるのもいいでしょう。

最先端銘柄選定ロボ

<利益を出すならココ!!>
グローイングAI
 爆発的高騰銘柄を選別するAI!
 最大株価上昇率1951.9%の衝撃。
 至高の銘柄を次々に輩出!
⇒グローイングAIの記事を確認


循環物色アナライザー
 多くの投資家から評価される理由は!?
 コスパ最強!他の株ツールとは一線を画す”オンリーワンの魅力”を紹介!
⇒循環物色アナライザーの記事を確認


話題株セレクト
 短期急騰テーマ株を多数選定!?
 株価3倍を超え!BASE(4477)などの”爆騰株”が話題を席巻!
⇒話題株セレクトの記事を確認


口コミ投稿フォーム

お名前
口コミ投稿内容


『おすすめの低位株』の口コミ